« 前  

2020年9月30日(水)

  次 »
  • 米大統領選に向けたジョー・バイデンとの初めての討論会で、トランプ大統領は、白人至上主義者を明確に非難することを拒否しました。討論会は、全部で3回、予定されています。 司会を務めたフォックス・ニュースのクリス・ウォレスが、極右過激主義との関係を否定するかと迫ると、トランプ大統領は、プラウド・ボーイズ(Proud Boys)の名を上げ、「後ろに下がって待機しろ」と呼びかけました。このことばは、暴力を黙認するものだと、多くの批判を招きました。南部貧困法律センター(Southern Poverty Law Center)は、この団体を白人至上主義のヘイトグループと認定しています。プラウド・ボーイズは、トランプ大統領による言及にさっそく答えるように、ほぼ即刻、オンラインでロゴを変更しました。新しいロゴには、トランプのことばが入っています。ゲストは、元ネオ・ナチのクリスチャン・ピッチョリーニです。現在は、フリー・ラジカル・プロジェクト(Free Radicals Project)の代表として、暴力的過激主義の組織から抜け出したいと思っている人々を援助する活動に力を入れています。「トランプのことばは、明らかに、極右団体が『暴力を継続する』ことを奨励するものです」と、クリスチャンは言います。もうひとりのゲストは、テンプル大学のマーク・ラモント・ヒル教授です。ヒルは、大統領選討論会でのトランプのパフォーマンスは、自らの白人至上主義の計画の継続だとし、「トランプが望んでいるのは、街頭で暴力沙汰が起き、投票所で大混乱が起きることなのです。米国人に自分たちは危険にさらされていると感じるように仕向けたい。それが理由です。自ら、テロリズムを仕掛けているのです」。

  • オハイオ州クリーブランドで、第一回の大統領選討論会が行われ、ドナルド・トランプとジョー・バイデンは、人種差別にどう対処するかという質問を受けました。バイデンは警察の暴力行為の犠牲になった人々を思いやる発言がありましたが、トランプ大統領は、大半の暴力行為は、左翼グループが行っているものだと言い立てました。トランプの主張は虚偽であり、米国における圧倒的多数の政治的暴力行為は、極右の過激主義者がよるものであるとする、FBIなどの捜査当局の見解を無視しています。トランプ大統領は、「米国では特に、人種差別による暴力の犠牲になっている黒人とラテン系の人々に、現実的で重大な脅威を与えている問題をけして認めようとしません」。こう語るのは、「法律の下で公民権を求める弁護士委員会」(Lawyers’ Committee for Civil Rights Under Law)の代表兼事務局長のクリステン・クラークです。もう一人のゲストは、作家でテンプル大学のメディア研究と都市教育の教授のマーク・ラモント・ヒルです。

  • ジョー・バイデン前副大統領は、第1回大統領選討論会で、新型コロナウイルスへのトランプ大統領の対応について、繰り返し、批判しました。米国では感染による死者が20万5千人を超えており、世界でもっとも多い死亡者数です。しかし、トランプ大統領は、マスクを着用しているバイデンを笑いものにしながら、新型コロナウイルスのワクチンがあと何週間もしないうちに、利用できるようになると言い張りました。「とても奇妙な話だ」と、マーク・ラモント・ヒルは首をかしげます。ヒルは、作家で、テンプル大学のメディア研究と都市教育の教授をつとめています。慎重すぎるくらいに慎重になることを否定するという考えが、トランプ政権全体のCOVID-19危機への対応を表しています」。

  • 第1回の大統領選討論会で、トランプ大統領と民主党の挑戦者ジョー・バイデンとの間で郵送投票に関して激しい言い争いを繰り広げられた際、司会者が選挙の信用性について質問すると、トランプは「不正選挙だ」と激しく言い立てました。トランプ大統領が、投票監視を呼びかけて、討論会は終了しました。「法律の下で公民権を求める弁護士委員会」(Lawyers’ Committee for Civil Rights Under Law)の代表兼事務局長のクリステン・クラークに話を聞きます。クリステンは、トランプについて、違法に有権者を脅し、圧力をかける活動を助長していると批判。市民が自由に投票することを妨げたり、止めようとすることがあれば、訴訟も辞さないと、述べています。

  • 活動家や若者の有権者からの激しい非難を受けて、第1回大統領選討論会の司会者、クリス・ウォレスは気候危機について、トランプ大統領とジョー・バイデン前副大統領に質問しました。ウォーレスの当初の質問予定リストにはこのテーマは含まれていなかったのです。作家で米国の政治雑誌「ニュー・リパブリック」のスタッフライター、ケイト・アロノフは、気候変動が議論に上ることを期待していなかったが、二人の回答にもとくに驚かなかった、と言います。「みんな、もう何年もの間、ドナルド・トランプが気候変動の科学を否定していることは承知していますし、ジョー・バイデンがグリーン・ニュー・ディール政策を支持していないこともわかっています」。

Syndicate content