« 前  

2016年8月11日(木)

  次 »
  • 米国司法省はこのほど、ボルチモア市の警察が人種差別的な取り締まり行為を行っていたとの調査結果を発表しました。ボルチモア市警察は組織的に黒人居住者を狙って、人口比からすれば不釣り合いに多い割合で呼び止め、所持品検査をし、逮捕していました。米司法長官副補佐官のバニータ・グプタは、「ボルチモア市警察(BPD)では、憲法に違反した職務質問と所持品検査から逮捕へというパターンが慣行化していました。BPDの使った取り締まり戦略によって、アフリカ系アメリカ人が職務質問と所持品検査を受け、逮捕される比率は、人口比に照らして釈明できないほどひどく偏っています。憲法で保障されている表現行為を行っている人に対する過剰な暴力の使用や報復も見られます」と語りました。163ページにわたる報告書は、「監督責任者たちが、地域の『すべての黒人のチンピラども』の逮捕に重点を置くよう指示するなど、明らかに人種差別的な命令を発していた」ことを明らかにしています。ボルチモアを拠点に活動する記者のベイナード・ウッズと、草の根の共同体「ボルチモア・ブロック」(Baltimore Bloc)の調整役を務める活動家のラリーク・ヘイズに話を聞きます。

  • 司法省は今週、ボルチモア市の警察の取り締まり活動について批判的な結論を下す報告書を発表しました。この報告書には、警察に30回以上にわたって呼び止められた50代のアフリカ系アメリカ人のケースが取り上げられています。メリーランド州選出の下院議員イライジャ・カミングスと地元の活動家ラリーク・ヘイズをゲストに招き、ボルチモアでの彼ら自身の警察との経験について話を聞きます。カミングスは何度も警察に呼び止められたと言います。ヘイズは少なくとも20回は職務質問されたと語ります。一方、白人で記者のベイナード・ウッズは一度も警察に呼び止められたことはないと言います。

  • 元FOXニュース会長のロジャー・アイルに関する新たな事実が表面化し、アイルの逸脱行為について企業側がどの程度知っていたかが問題となっています。アイルは現在、20人以上の女性によってセクシャル・ハラスメントの告発を受けています。告発者には、FOXニュースアンカーのメーガン・ケリーと、元アンカーのグレッチェン・カールソンも含まれます。今週初めには、また一人のFOXニュースの元司会者がアイルのセクシャル・ハラスメントを告発しました。アンドレア・タンタロスは、アイルのハラスメントについて昨年、FOX幹部に繰り返し報告をしていたと言います。タンタロスはその結果、降格され、番組から外されたと言います。今回明らかになった事実の詳細について、バニティフェア誌の寄稿編集者サラ・エリソンに話を聞きます。エリソンの最新記事は、“Inside the Fox News Bunker”(「FOXニュースの内幕」)と題された独占記事です。この記事は、アイルとの会話を録音した複数の女性によるテープという爆弾の存在を明らかにしています。サラ・エリソンは、War at the Wall Street Journal: Inside the Struggle to Control an American Business Empire(『ウォール・ストリート・ジャーナル陥落の内幕』)の著者でもあります。

  • FOXニュースを創設して会長になる前、ロジャー・アイルは共和党きってのメディア対策専門家でした。1988年の大統領選挙では、レーガン政権で副大統領を努めたジョージ・H・W・ブッシュがマイケル・デュカキス候補を破って当選するのを助けています。デュカキスの選挙戦を仕切っていたのは、フェミニストで法学者のスーザン・エストリッチです。エストリッチはこれまで、セクシャル・ハラスメントやレイプに関する革新的な著作を発表してきました。意外なことに、エストリッチは現在、アイルの弁護士を務め、FOXニュースからのアイルの追放につながったセクシャル・ハラスメント訴訟でアイルを弁護しています。

Syndicate content