« 前  

2016年8月3日(水)

  次 »
  • ニューヨーク市警本部長のウィリアム・ブラットンが、9月に辞任すると発表しました。ブラットンは、軽微な違法行為を徹底的な取り締まりが凶悪犯罪の抑止につながるとする「割れ窓」理論を率先して実践してきました。過去40年間にわたり、ブラットンはニューヨーク市警本部長を2度務めたほか、ボストンおよびロサンゼルスの市警本部長も歴任しました。ブラットン支持派からは犯罪率低下に貢献したとして称賛されていますが、反対派は、警察による割れ窓理論の実践は非白人の地域社会を狙い撃ちにする不公正な取り締まりを生んだと批判しています。「黒人の命も大事」(Black Lives Matter)運動共同創設者のオパール・トメティはデモクラシー・ナウ!に宛てた声明で「ウィリアム・ブラットンは、数十年に渡り、我々アフリカ系アメリカ人コミュニティを恐怖におののかせてきた取り締まり計画の主要な立案者でした。割れ窓理論の実践は、ロサンゼルスからニューヨークのコミュニティに、そしてさらにそれを超えて壊滅的な打撃を与えました」と述べました。ブラットンの辞任は、活動家数百人がニューヨーク市警への予算打ち切りとブラットン解雇を求めて市庁舎前に集結した日からわずか1日後に発表されました。ウィリアム・ブラットン市警本部長に対する抗議の声は、2年前にエリック・ガーナーが警察に首を絞められ殺された事件以来、高まるばかりでした。トリニティ・カレッジのクリスティーナ・ヘザートン助教授と、憲法上の権利センター(Center for Constitutional Rights)のダリウス・チャーニー、「ミリオンズ・マーチNYC」(Millions March NYC)のネビル・ハセインに話を聞きます。

  • 8月2日、ニューヨーク市警本部長ウィリアム・ブラットンが9月に辞任すると発表しました。ブラットンはニューヨーク市警本部長を2度務めたほか、ボストンおよびロサンゼルスの市警本部長も歴任しています。しかしブラットンは辞任はするものの、引退するわけではありません。転職予定先のテネオ・ホールディングス社は、ヒラリー・クリントン候補との結びつきが物議の的になっている世界規模の民間コンサルティング会社です。ブラットンは、同社に新設されるテネオ・リスク部門の会長就任が決まっています。トリニティ・カレッジ・アメリカ学部のクリスティーナ・ヘザートン助教授に話を聞きます。ヘザートンは、Policing the Planet: Why the Policing Crisis Led to Black Lives Matter(『世界を取り締まる――警察活動の危機が「黒人の命も大事」運動へと繋がった理由』)を共同編集しました。

  • 今朝目を覚まして、毎朝やっていることをいつも通りにやるだけで、投資ファンド(プライベート・エクイティ)と、もう接してしまったかも。口にした水から通勤に使う道路、目を通す朝刊にいたるまで、ウォールストリートの企業が日常生活に影響を及ぼす役割は増大しています。ニューヨークタイムズ紙に連載された説得力のある新記事This Is Your Life, Brought to You by Private Equity(「あなたの暮らしを提供する投資ファンド」)の主の共同執筆者のひとりで、最近出た記事When You Dial 911 and Wall Street Answers(「警察に緊急通報したら、電話に出るのはウォール街」)の共著者でもある、ニューヨークタイムズ紙のダニエル・アイボリー記者に話を聞きます。

  • 内部告発を行ったことで軍刑務所に勾留中のチェルシー・マニング。7月に自殺未遂を行ったことで新たな罪を問われています。報道によると、米陸軍は、持ち込み禁止とされている品を保持していた、監房外に出ることに抵抗したなど管理上の嫌疑で捜査の対象となっているとマニングに通告しました。有罪とされた場合、無期限の独房監禁と刑期延長を課される恐れがあります。また、仮釈放の機会にも悪影響を及ぼしかねません。チェルシー・マニングは現在、カンザス州レブンワース基地の軍刑務所で、禁固刑35年の刑に服していますが、長期間に渡る独房監禁に加え、ジェンダー・アイデンティティに関する診療も受けられずにいます。最近発表されたアムネスティ・インターナショナルによるインタビューの中で、マニングは「常に恐怖にさらされています。いまも政府の力が怖い。政府は逮捕し、拘束することができる。政府が誰かについて情報を公開すれば、人々は疑問を挟むこともなく、うのみにしてしまう。政府は、時には人を殺すこともできる。裁判にかけようがかけまいが、おかまいなく」。国防総省に対する訴訟でチェルシー・マニングの弁護を務める、米国自由人権協会(ACLU)の専従弁護士チェイス・ストランジオに話を聞きます。

Syndicate content