« 前  

2011年2月16日(水)

  次 »
  • 米下院で支配権を握ってからというもの、共和党はいくつかの重要な反中絶法案を提出しましたが、これらは中絶手段へのアクセスを制限するばかりでなく、性と生殖に関する保健サービスや避妊などの家族計画サービスを受ける権利をも厳しく制限するものだと、女性の権利に関する活動家たちは懸念を表明しています。米国家族計画連盟(PPFA)会長のセシル・リチャーズに話を聞きます。同連盟は、全米で800箇所以上のクリニックやヘルスセンターで年間300万人以上の患者に家族計画や避妊、中絶サービスなどを提供しています。中絶サービスに対して連邦政府の予算は一切使われていません。「ペンス議員を筆頭にこの法案を提出した議員たちを全く愚かだと思うのは、彼らがターゲットにしている望まない妊娠や中絶を、アメリカで誰よりも予防している団体はPPFAだということです。」とリチャーズは言います。「アメリカの有権者たちはこんなことのために共和党に投票したんじゃない」

  • 2011年は中東と北アフリカ地域にとって歴史的な年となりつつあります。 チュニジアやエジプトなど同地域の群衆による街路での蜂起で始まった民衆の抗議行動のうねりはリビアやバーレーン、イランにも拡大しました。オバマ大統領はイランのデモ弾圧を公然と批判していますが、米国の親密な同盟国であるバーレーンに関しては、14日以降、参加者に2人の死者が出ているのに批判的なことは一言も発していません。ヒューマンライツ・ウォッチの調査員ファレズ・サネイと話をします。

  • アルジェリアでも民衆抗議のうねりが始まっています。目撃者によると、治安警察が首都アルジェで予定されていたデモを阻止し、数百人のデモ参加者を逮捕しました。「政権はビクビクしている」とアルジェリアのブロガーで活動家のエリアス・フィラリは言います。「こんなに厳重態勢の警官隊を見たのは生まれて初めてだ」

  • イエメンの反政府デモが6日目に入りました。デモ参加の学生たちはこん棒や石、短刀で武装した政府支持派たちに襲撃され暴行を受けています。デモ参加者たちは30年間この国を支配してきたアリ・アブドラ・サーレハ(Ali Abdullah Saleh)大統領の即時退陣を求めています。この抗議活動でサレハ大統領は3月のワシントンDC行きを断念しました。イエメンはこの地域での米国の重要な同盟国で、オバマ大統領は戦略的協力関係の強化を提案しています。イエメンの首都サヌアを拠点にするジャーナリスト、アイオナ・クレイグに話を聞きます。

Syndicate content