ニュースレター購読のお願い

PDF形式で毎月メール配信 1口3000円の寄付で

サンプル版 

デモクラシー・ナウ!ジャパンのニュースレターは毎月配信。保存版にふさわしい特に内容の深い重要トピックスを選び、英語と日本語の対訳の形でまとめています。字数制限のため字幕では省略せざるを得ない細部の表現にもこだわり、日本ではなじみがない事柄には簡単な注をつけ、トピックスへの理解を深めます。すべて字幕つき動画でこのサイトに掲載されているトピックスですので、耳からも、目からも、原語で堪能しながら日本語の意味を逐語おさえられ、英語の勉強にも最適です。

ニュースレターは毎月配信しています。1口3000円以上の寄付をしていただいた方と賛助会員の方に、お礼としてメールでお届けします。皆様のご寄付は、デモクラシー・ナウ!ジャパンの重要な活動資金となります。どうぞご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。お申し込みをお待ちしています。
カードをお使いの方は下のボタンから、銀行振り込みは、こちらのページからお申込みください。

最新刊 第147号 『地球が燃えている』(4)(2019.9.17放送)
初の世界的な学校ストが実施されたのと同じ日に、ニュージーランドのクライストチャーチで自称「エコ・ファシスト」の白人男性がモスクを襲撃し100人近くを殺傷しました。温暖化懐疑論は未曾有の自然災害の前に影が薄くなりましたが、今度は温暖化の事実を認識したうえで、それに対する防衛手段としての白人至上主義のテロが世界各地で台頭しているのです。彼らが恐れるのは、途上国に対する「気候債務」です。気候変動が事実なら、その原因を作った先進国は富を途上国に再分配しなければならないからです。だから災害で故郷を奪われた気候難民が激増することを見越して、国境から締め出し、自分たちの富を守ろうとしています。その根源にあるのは、自分たちだけが自然を無制限に搾取する権利を持つという考え、キリスト教の人間中心主義と植民地支配がつくりあげた、白人キリスト教徒が世界の頂点に君臨し、他の「劣った」人間たちは隷属させ、生き物も地球もすべて自分たちを養うために存在するという思想です。これを打破して、人類全体が運命共同体であると認め、力を合わせて危機に対処する方向に向かうことができるかどうかが、いま問われているとクラインは指摘します。
*ナオミ・クライン(Naomi Klein):ジャーナリスト、活動家、著述家。オンラインサイト『インターセプト』の上級特派員。ラトガーズ大学のメディア、文化、フェミニスト研究のグロリア・スタイナム基金教授。新著は『地球が燃えている~気候崩壊から人類を救うグリーン・ニューディールの提案』
字幕付き動画: http://democracynow.jp/video/20190917-4

ニュースレター既刊リスト


*バックナンバーのお申し込みはこちらのページから