ニュースレター購読のお願い

PDF形式で毎月メール配信 1口3000円の寄付で

サンプル版 

デモクラシー・ナウ!ジャパンのニュースレターは毎月配信。保存版にふさわしい特に内容の深い重要トピックスを選び、英語と日本語の対訳の形でまとめています。字数制限のため字幕では省略せざるを得ない細部の表現にもこだわり、日本ではなじみがない事柄には簡単な注をつけ、トピックスへの理解を深めます。すべて字幕つき動画でこのサイトに掲載されているトピックスですので、耳からも、目からも、原語で堪能しながら日本語の意味を逐語おさえられ、英語の勉強にも最適です。

ニュースレターは毎月配信しています。1口3000円以上の寄付をしていただいた方と賛助会員の方に、お礼としてメールでお届けします。皆様のご寄付は、デモクラシー・ナウ!ジャパンの重要な活動資金となります。どうぞご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。お申し込みをお待ちしています。
カードをお使いの方は下のボタンから、銀行振り込みは、こちらのページからお申込みください。

最新刊 第116号 NOでは足りない(1) 対抗軸をつくる下からの反乱(2017.6.13放送)
ナオミ・クラインの新著『NOでは足りない』のインタビュー、パート2です。このところ幾つかの国の選挙で、従来の候補者とは違い明白な反緊縮政策を掲げた候補が、下からの民衆運動に押し上げられる形で予想外の大健闘を見せました。米国では民主党大統領候補の指名をめぐって本命とされるヒラリー・クリントンと熾烈な戦いを繰り広げたバーニー・サンダース上院議員。選挙後は民主党の執行部に入り、草の根キャンペーンで培ったネットワークを生かした活躍が期待されていますが、ここに来てトランプ政権の出現を許したのは民主党上層部の「完全な失敗政策」と明白に批判し始めました。英国ではメイ首相が仕掛けた不意打ち総選挙で、ジェレミー・コービンの労働党が若者から熱烈な支持を受けロックスター並みの選挙戦を繰り広げて大幅に議席を伸ばし、保守党を過半数割れに追い込みました。フランスの大統領選挙では左翼党のジャンリュック・メランション候補が、ラディカルな富の再分配を唱えて急速に支持を集め、極右の国民戦線を率いるマリー・ルペンに2ポイント差まで迫りました。いずれも政権には手がとどかなかったものの、この何十年「この道しかない」としてたとえ政権が変わっても続いてきたネオリベ政策に対し、ようやく本物の選択肢が明確に示されたことは大きな希望です。それを支えたのは既存の政党政治にうんざりした民衆の下からの反乱です。日本でも遅まきながらようやく市民の力で押し上げられた政治勢力が生まれてきました。希望の種は蒔かれましたが、与党の圧勝でまだ等分は国会も国民も無視した国の破壊が続く見込みです。クラインも指摘するように、このまま経済や社会の破壊が進めばネオナチが台頭する土壌が整うことが心配です。
*ナオミ・クライン(Naomi Klein):ジャーナリスト、『インターセプト』のシニア・コレスポンデント。『ブランドなんか、いらない』、『ショック・ドクトリン──参事便乗型資本主義の招待を暴く』、『これが世界を変える──資本主義VS.気候変動』などの著者。この番組が放送された2017年6月13日に新刊No Is Not Enough: Resisting Trump's Shock Politics and Winning the World We Need(『NOでは足りない──トランプのショック政治に抵抗し我々に必要な世界を勝ち取るために』)をリリースした。
字幕付き動画: http://democracynow.jp/video/20170613-1

ニュースレター既刊リスト


*バックナンバーのお申し込みはこちらのページから