■「デモクラシーNOW」はいまのところ放送がないのでツイッター情報が頼りです。どうぞ情報拡散にご協力ください。

2019年のコンテストは締め切りました。来年早々に受賞者を発表し、1月26日に授賞イベントを行う予定です。詳細は追ってまた、お知らせします。



2019/12/6(金)

世界各国の環境分野の指導者たちが集まり気候危機に対する解決策を協議するCOP25(第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議)開催中のスペイン、マドリードからお届けします。会議は月曜日に開幕し、来週まで続きます。この会議のためにマドリードに集まった活動家たちは、独自の代替サミット、Cumbre Social por el Clima(気候のための社会サミット)を開催しています。代替サミットを主催するのは社会正義および環境団体で、その目的はチリで進行中の政治的弾圧、気候サミットへの企業の影響、スペイン自身の気候危機に対する対処の失敗、そして気候会議のヨーロッパ中心主義に注目を促すことです。この会議がヨーロッパで開催されるのは今年で連続3回目になります。代替気候会議のオーガナイザーの1人であるトム・クチャルツに話を聞きます。彼はジャーナリストで、行動するエコロジスト(Ecologists in Action)という団体の活動家です。

スペインでは、16歳のスウェーデンの気候活動家グレタ・トゥーンベリがマドリードに到着し、本日の気候ストライキと現地時間午後6時からの大行進に参加します。グレタが気候ストライキ運動を始めたのは去年からで、毎週金曜日に学校を休んでスウェーデン議会の前に立ち、壊滅的な気候変動を防ぐための行動を求めました。彼女の抗議は一瞬にして世界中に広まりました。気候ストライキに参加する二人の若者に話を聞きます。ヒルダ・フラビア・ナカブエは「未来のための金曜日ウガンダ」(Fridays for Future Uganda)の発起人です。アンジェラ・バレンズエラは「未来のための金曜日チリ」(Fridays for Future Chile)のコーディネーターです。チリは今年の国連気候サミットのホスト国の予定でしたが、新自由主義に対する大規模な抗議運動の勃発でチリ政府はキャンセルを余儀なくされました。

マドリードで開催中の国連気候サミットで5日(木)、気候活動家の一団がパネルから退場して、シェルやBP、シェブロンなどの石油企業の代表が出席していることに抗議しました。石油会社の代表が参加していたのは、国際排出量取引協会主催のイベントです。折しもスペイン政府は、スペイン最大の温室効果ガス排出企業であるエンデサ社に接触して国連気候変動会議のスポンサーになるよう要請していたことを非難されています。「欧州企業監視団」(Corporate Europe Observatory)の研究者でキャンペーン担当のパスコ・サビドに話を聞きます。彼は、気候危機を引き起こしている企業や投資家を暴露するためにマドリードで有害汚染見学ツアー(toxic tours)を企画しています。

最近のニュース

2019/12/6(金)

  • COP25:「多国籍企業の悪行に苦しむ」人々に表敬する代替気候サミット
  • スペイン最大の汚染企業たちが国連気候変動サミットを後援しているのはなぜ?
  • 「私たちの未来だ」 ウガンダとチリで「未来のための金曜日」運動を支える青少年活動家

2019/12/5(木)

  • エドワード・スノーデン:米国に帰国したら 私は真実を語ったがために獄死することになるだろう
  • アミナト・ハイダル アフリカ最後の植民地 西サハラでの数十年に渡る平和的抵抗運動
  • 高等教育 国民皆保険 保育園を無料化しているスウェーデン 米国ではなぜそれができないのか?

2019/12/4(水)

  • 「もうひとつのノーベル賞」:市民活動家を称えるライト・ライブリフッド賞 40周年を祝う
  • ブラジルの先住民族リーダー、ダビ・コペナワ:ボルソナロは私の人々を殺し、アマゾンを破壊している
  • 国連報告によると、世界中で700万人以上の子どもたちがさまざまな拘禁状態の下にある

2019/12/3(火)

  • 私の世代は「もうたくさん」と発言すべき スウェーデンの気候活動家が語る「未来のための金曜日」
  • 「私たちは世界的な緊急事態に直面している」:グレタ・トゥンベリが気候会議に出席するために欧州に帰着
  • イェトネバシュ・ニグシ:障害者の普遍的人権のために闘う盲目のエチオピア人弁護士
  • 先住民保護活動家は「命をかけて」アマゾンを守ろうとしている

2019/12/2(月)

  • イラクの首相が辞任 しかし体制の見直しを求める若者主導のデモは続く
  • タリク・アリが語る英国総選挙 コービンの「ラディカルな社会民主主義プログラム」 極右の台頭
  • 新自由主義と腐敗に抗議して立ち上がる世界:タリク・アリが今日の抗議の根源について語る