■「デモクラシーNOW」の放送はいまのところ定期枠がないのでツイッター情報が頼りです。どうぞ情報拡散にご協力ください。
雑誌『世界』11月号に、ジハーディスト民兵が跋扈する混迷のリビア情勢についてヴィジャイ・プラシャド教授がデモクラシーナウで語ったインタビューが載りました。「イスラム国」の急拡大の理由を考える上でもとても参考になります。

対訳ニュースレター第81号は 「新たな冷戦の時代 ロシアとウクライナ危機」。 何もかもプーチンが悪いと叫ぶ前に、昨年末にさかのぼって事態を把握し、長期的な安定に必要なことを考えます。字幕動画はこちら 購読のお申し込みはこちらから 
○ 対訳ニュースレターの日本語ブックレット版 EPUB形式は携帯端末でも読めます
○ブログも更新しました「民衆の気候マーチ Part I」

CloudFunding

2014/10/24(金)

本日はは歴史的な街オーストリアのウィーンからの放送です。2009年オバマ大統領は近隣のチェコ共和国で「非核演説」について歴史的な演説を行いました。この演説で核武装解除の取り組みが宣言され、これがオバマにノーベル平和賞が授与された理由の一つとして言及されました。しかし核武装反対の運動家たちによれば、その後の進展はほとんどありません。ニューヨーク・タイムズ紙の最近の調査では、米国は今後30年間にわたり、1兆ドルをかけて核兵器と施設のアップグレードすることになりそうです。10月には国連で150ヶ国以上が共同声明に署名し、核保有国に対し12月にウィーンで開催される核兵器の人道的影響に関する、第3回目の主要会議への出席を呼びかけました。米国は、この会議に一度も出席したことがありません。「武装解除と非拡散を求めるウィーンセンター(Vienna Center for Disarmament and Non-Proliferation)」のエレナ・ソコヴァ事務局長に話を聞きます。

ウィーンからの放送です。ウィーンでは世界6大国が11月を最終期限としてイランとの核交渉を行い、西側による制裁緩和と引き換えにイランの核計画を抑制させようとしています。10月初め、国際原子力機関(IAEA)はその報告書の中で、イランが暫定契約での公約を果たしていると報告しました。ところが、西側外交官たちは、イランが核兵器製造を意図した高性能爆弾の実験を実施し、それに関する情報の提供を拒否していると主張しています。この実験に関する情報は、IAEAが調査中の情報文書に含まれているとされていますが、その文書の信憑性は検証されておらず、IAEA関係者の少なくとも1人は、その文書の信憑性に対し懸念を表明しています。本日のゲスト、ロバート・ケリーは、2003年にIAEAイラク・アクション・チームの一員でした。その後、「事実を言わないことが、流血の惨事をもたらすことを身をもって学んだ」として、公に意見を述べています。

米国家安全保障局(NSA)の内部告発者エドワード・スノーデンについてのドキュメンタリー映画Citizenfour(『シチズンフォー』)が米国で劇場公開されますが、本日はスノーデンが漏えいした情報が欧州でのオンライン・プライバシーをめぐる論義に与えた影響を検証します。オーストリアの新聞 デア・シュタンダールト(Der Standard)は、世界各地から数千人の外交官が在住しているウィーンで、NSAが電子通信の7割近くにアクセスしたと報じています。スノーデンが漏えいした情報から、米国が数百万人のドイツ人の通信を監視し、アンゲラ・メルケル首相の携帯電話を傍受していることを知ったドイツは、2014年の初めに在ドイツ米国情報機関の幹部を国外追放しました。また、欧州司法裁判所は、欧州市民の通信データを最長2年間保存することを電子通信会社に義務づけていた規制を廃止しました。これはデジタル・プライバシーにとっての勝利です。奇しくもこの裁決が下された日に、スノーデンはモスクワから欧州評議会議員会議に向けて演説を行いました。「欧州デジタル・ライツ(European Digital Rights)」代表のアンドレアス・クリシュに話を聞きます。

最近のニュース

2014/10/24(金)

  • 「核兵器のない世界」を約束したオバマ 1兆ドルをかけて核兵器をアップグレード
  • 元イラク武器査察官 イランが核実験を隠ぺいしているとする主張に懐疑
  • 欧州における スノーデン時代のプライバシー: 情報機関が何をしているか論じる必要がある

2014/10/23(木)

  • 『シティズンフォー』: NSA内部告発者エドワード・スノーデンの物語の内幕を捉えたローラ・ポイトラスの新作映画
  • ジェレミー・スケイヒル:イラク人14人の大量殺人で警備隊員に有罪判決も ブラックウォーター社幹部は自由の身のまま

2014/10/22(水)

  • ノーム・チョムスキー 国連にて米国のイスラエル支援とパレスチナ国家妨害を激しく非難
  • ノーム・チョムスキー 「米国が国際法に従ったら素晴らしいのに」と国連で

2014/10/21(火)

  • イスラム国によるコバニ攻撃を無視してきた米国 大規模空爆とトルコと敵対するクルド系勢力への武器供与を始める
  • 元国連特別報告者リチャード・フォーク:パレスチナの闘いに政治的正統性がもたらす希望
  • ムミア・アブ=ジャマールが刑務所の中から発言、囚人たちを黙らせるペンシルバニア州の新法

2014/10/20(月)

  • 「女性はオンラインの世界で排斥されている」フェミニストのアニタ・サーキージアン、ビデオゲーム批評で脅迫を受ける
  • メディアで可能性を広げる銃士たち:障がいのある米露映画製作者が 国境を越えた奮闘の日々を描く