■「デモクラシーNOW」の放送はいまのところ定期枠がないのでツイッター情報が頼りです。どうぞ情報拡散にご協力ください。

月刊対訳ニュースレター 第86号は 「テロ」報道の色眼鏡 2011年7月のノルウェー連続テロ事件の直後の報道をもとに、「テロ」と「テロリスト」の政治利用の片棒をメディアが担う現状をグレン・グレンウォールドが明快に斬ります。字幕動画はこちら 購読のお申し込みはこちらから 

★朝日カルチャーセンター横浜校のデモクラシー・ナウ!字幕講座は好評で第2期(4月~6月)の募集が始まっています。詳細はこちら。ちょうど朝カルチームの第一作目の字幕を掲載しました → "イスラム国に処刑された米国人ジャーナリスト、ジェームズ・フォーリーの本当の声。当初の予想を超えてハイレベルな楽しいクラスになったので、今後もいろいろ掲載できそうで楽しみです。

2015/4/1(水)

インディアナ州で最近成立した「宗教の自由回復法」の撤廃を求める声が高まっている中、アーカンソー州でも同様の州法が成立しました。これらの州法は信仰の自由の名のもとに、事業所有者がレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの顧客へのサービスを拒否することを認めるものだと非難されています。共和党のアーカンソー州知事アサ・ハッチンソンは、この法案に署名して法制化するつもりだと述べています。31日、アーカンソー州の最大企業であるウォルマートがハッチンソン知事にこの法案に対し拒否権を行使するよう要請しました。「宗教の自由回復法案」に反対する企業は増えており、ウォルマートもその一つとなりました。他にも、アップル、アンジーズ・リスト、イーライリリーなど9社の最高経営責任者がすでに抗議の声をあげています。多くの州と市も抗議活動を行っており、その一環としてインディアナ州への出張を禁じる措置を取っています。31日、インディアナ州知事のマイク・ペンスは、同法への支持は変わらないが、法案の言葉使いを改めるよう州議会に要請しました。インディアナポリスから、インディアナ州上院議員で民主党院内総務のティム・ラネンに話を聞きます。ラネン議員は、「宗教の自由回復法」可決前に、民主党による同法への反対で主導的な役割を果たしました。

米国最古のニュース雑誌『ネイション』は、今年150周年を迎えます。創刊号の出版は、1865年7月6日、南北戦争終結からほんの数週間後、エイブラハム・リンカーン大統領暗殺から3ヶ月後のことでした。その後長年にわたり、ネイション誌は米国の主要な体制批判者、学者、活動家の意見を発表してきました。新作ドキュメンタリー Hot Type: 150 Years of The Nation (『ホット・タイプ:ネイション誌の150年』)の抜粋を紹介し、同誌の編集長兼発行人のカトリーナ・バンデン・フーベルに話を聞きます。ネイション誌は、150周年を記念し通常の5倍の厚さの超大作版記念号を発行したばかりです。

最近のニュース

2015/4/1(水)

  • インディアナ州の反LGBT「宗教の自由回復法」に企業や市民から抗議殺到 州は封じ込めに躍起
  • ネイション誌誕生から150年 1865年に奴隷廃止主義者たちの手で創刊 体制批判の声を世に送りだしてきた年月

2015/3/31(火)

  • 「戦争と平和の問題」:米議会とイスラエルの反対をよそに イランと列強、核交渉の暫定合意間近
  • 元中東和平担当特使ジョージ・ミッチェルが語るイランとパレスチナ国家をめぐる米国とイスラエルの対立
  • 元上院議員のジョージ・ミッチェル:釈放されたアゼルバイジャンの汚職の内部告発者は投獄されるべきではなかった
  • 「異性愛者だけ?」反LGBTの「宗教の自由」法をめぐりインディアナ州がボイコットと抗議に直面
  • ムミア・アブ=ジャマールが刑務所から集中治療室へ 支援者らは接触と回答を求める

2015/3/30(月)

  • ボウ・バーグダールの弁護士:元戦争捕虜が基地を離れたの は逃亡ではなく不正行為報告のためだったと軍が報告
  • バーグダール訴追 軍の元幹部が問う「なぜタリバンに拷問 された元戦争捕虜を非難するのか?」
  • イラン核協議は大詰め 「とてつもない不確定要素を伴う妥結が避けられないムード」
  • 米運輸保安局TSAがチェックする「怪しいしぐさ」には 咳払い、荒い息づかい、「大げさなあくび」も

2015/3/27(金)

  • イエメンに新たな戦争はいらない:サウジによる攻撃2日目に突入 サヌアから報告
  • イエメン危機:国内紛争が地域紛争として泥沼化するおそれ
  • アフリカの経済学者のサミール・アミンが語る 世界社会フォーラム グローバル化&野蛮な資本主義

2015/3/26(木)

  • 終わりなき戦争:米はティクリート空爆開始しアフガニスタン撤退を遅延 一方「対テロ戦争」犠牲者数は130万人に
  • 反対する戦争を逃れ タリバンに拘束され非人道的扱いを受けたボウ・バーグダール 脱走の罪で告発される
  • 気候変動否定論の億万長者がなぜ有名科学博物館の役員なのか? 公開書簡、関係の断絶を呼びかけ