■「デモクラシーNOW」の放送はいまのところ定期枠がないのでツイッター情報が頼りです。どうぞ情報拡散にご協力ください。
このサイトでは毎日デモクラシー・ナウ!の最新ニュースダイジェストを日本語でお届けしています。また何百もの動画アーカイブも無料で公開しています。サイトの運営は、みなさまの支援が頼りです。年会費も今年から9000円になりました。ニュースレターやDVDの購入も助かりますどんな方法でも結構です、今すぐご支援を

対訳ニュースレター第83号は 「スノーデンが託したもの」。 『暴露 スノーデンが私に託したファイル』の刊行にあわせて著者グリーンウォルドがさわりを紹介こちらから 

○ 対訳ニュースレターの日本語ブックレット版 EPUB形式は携帯端末でも読めます

2014/12/16(火)

中央情報局(CIA)の拷問プログラムの“設計者”と考えられている心理学者が、ハリド・シェイク・モハメドの水責めに実地に参加していたこと認めましたが、番組では世界最大の心理学会であるアメリカ心理学会が米国の虐待に秘密裏に共謀していた疑惑を検証します。空軍を引退した心理学者ジェームズ・ミッチェルは「バイス・ニュース」(Vice News)のインタビューに応え、ハリド・シェイク・モハメドの水責めに実際に参加していたことを初めて認めました。彼は彼のパートナーであるブルース・ジェッセン博士と共に、尋問プログラムの開発を補助するために雇われました。上院の報告書によると、ミッチェルとジェッセンには、最も虐待的なやり方を含むCIAの拷問方法の開発補助として、8100万ドルの報酬が支払われました。この上院の報告書が明らかにされる一方で、アメリカ心理学会(APA)は同会の指導部がCIAの拷問に関与したかどうかを究明する再調査を始めています。APAのこの調査は、ピュリッツアー賞受賞歴のあるニューヨーク・タイムズ紙の調査報道記者ジェームズ・ライゼンによる暴露記事によって促されたものです。彼は新著Pay Any Price(『どんな代償も払う』)の中で、アブグレイブ刑務所の拷問スキャンダルのあと、APAが特別委員会組織し、それによって心理学者たちが拷問プログラムに引き続き関与できるようにしたことを明らかにしました。APAの拷問に対する対応方針をめぐっては、長年、大きく意見が分かれています。米国医師会および米国精神医学会と違い、APAは会員が拷問に関与することを禁じていません。

「倫理的心理学のための連携」(Coalition for an Ethical Psychology)の設立メンバーで、「人権のための医師団」(Physicians for Human Rights)の心理倫理的顧問であるスティーブン・ライスナーと、ウィスコンシン大学マディソン校の歴史学教授で、A Question of Torture: CIA Interrogation, from the Cold War to the War on Terror(『拷問の問題:冷戦時代からテロへの戦争までのCIAの尋問』)とTorture and Impunity: The U.S. Doctrine of Coercive Interrogation(『拷問と刑事免責:米国の強制尋問政策』)の著者であるアルフレッド・マッコイから話を聞きます。

オバマ大統領がジョージ・W・ブッシュ政権時代の拷問の犯罪捜査を引き続き拒否する一方、ディック・チェイニー前副大統領は無実の人々を含む外国人囚人への拷問についてまったく後悔していないと述べました。チェイニーはNBCの番組「ミート・ザ・プレス」(Meet the Press)の中で12月14日、「同じことを何の躊躇もなくやるだろう」と話しました。チェイニーの発言は、政府高官は法を超越するのか、今罪に問われないということは、将来さらなる虐待が生まれるのではないか、という問いを浮き彫りにしています。ウィスコンシン大学マディソン校の歴史学教授で、A Question of Torture: CIA Interrogation, from the Cold War to the War on Terror(『拷問の問題:冷戦時代からテロへの戦争までのCIAの尋問』)とTorture and Impunity: The U.S. Doctrine of Coercive Interrogation(『拷問と刑事免責:米国の強制尋問政策』)の著者であるアルフレッド・マッコイに、刑事免責と米国の拷問の歴史について話を聞きます。また、「倫理的心理学のための連携」(Coalition for an Ethical Psychology)の設立メンバーで、「人権のための医師団」(Physicians for Human Rights)の心理倫理的顧問であるスティーブン・ライスナーからも話を聞きます。

退任を控えた民主党上院議員のマーク・ユーダルは上院の議場で12月第2週、中央情報局(CIA)の現長官ジョン・ブレナンを含む、拷問プログラムと隠蔽に関わったCIA高官らの追放を求めました。しかし、彼の上院での任期が終わりを迎えようとする中で、ユーダルに独自の行動を起こすことを求める声が上がっています。上院は12月第2週、全報告書6000ページ以上の中から、わずか一片である全大きく編集された480ページを発表しました。米政府はCIAの要望に従って、この報告書の全てを発表することを阻止しました。このことが、ほとんど使われることのない議会特権をユーダルが行使し、報告書を公のもにするべきだという要望に火をつけました。この特権の行使には前例があります。1971年、当時アラスカ州上院議員だったマイク・グラベルは、一般市民はベトナム戦争の背後にある真実を知る権利があると主張し、7000ページのペンタゴン・ペーパーの4000ページ以上を上院の公式記録としました。それから40年以上経った今、グラベルに彼の歴史的行動と、CIAの拷問に関する上院の全報告書に関し、彼がユーダルに自分と同じ道をたどるよう求めている理由について話を聞きます。

最近のニュース

2014/12/16(火)

  • 2人の心理学者がCIAの拷問法を生み出し、世界最大の心理学者団体が虐待を可能にしたのか?
  • 「心理的拷問は米国の法律によって守られている」:虐待における共謀はブッシュ時代よりはるか前から始まっていた
  • マイク・グラベルが上院議員マーク・ユーダルに要請:私がペンタゴン・ペーパーのときにしたように拷問調査の全てを公開せよ

2014/12/15(月)

  • なぜ私たちの息子は射殺されたの? 警察に殺害された黒人犠牲者の両親がワシントンD.C.デモを率いる
  • 黒人若者が組織したNYの「ミリオンズ・マーチ」に数万人 一連のデモで最大規模
  • リマ開催のCOP20  温室効果ガス削減で合意 壊滅的な気候変動に歯止めをかけられるか?

2014/12/12(金)

  • 「我々は惨事への道を歩んでいる」 ケリー米国務長官 国連気候変動会議で緊急の訴え
  • アル・ゴア元副大統領 オバマ大統領にキーストーンXL申請却下を要請 米交渉団長ケリー長官は無言
  • 反対意見の封殺 国連は気候会議の抗議者に「キーストーン」「ケリー」「米国」などのことばの使用を禁止
  • 化石燃料投資撤退運動の高まりを受け 国連交渉官たちは「ゼロ排出」の未来を検討
  • 絵空事?キーストーンXLプロジェクトで消える雇用が生じる雇用を上回ると労働研究者は予想
  • 気候会議は破滅回避に何も貢献していない 希望は人々の行動に

2014/12/11(木)

  • 「私たちは生ける屍のようなもの」:ラテン・アメリカの先住民グループ 企業による環境破壊を非難
  • 利益よりも人間を優先せよ:ペルーの「民衆の気候マーチ」に 首都リマで数千名が参加
  • 背広組みに呼びかける街の声 リマに集まる企業の会合に が環境正義を求める抗議者たち
  • ペルー人デモ参加者:気候サミット会場エル・ペンタゴニートは1993年 兄弟が消息を絶った場所
  • ペルーでの環境保護は命がけ:国連気候サミット開催国は 環境保護活動家にとり 世界でも危険度の高い場所

2014/12/10(水)

  • 「これは犯罪だ」:上院報告書でCIAの残忍な拷問が明るみに ブッシュ政権訴追に向け新たな呼びかけ
  • 南米からアフリカへ 気候変動に対する「資本主義的」解決策は破滅への道
  • 炭素取引スキーム"REDD"は誤った気候変動対策と語るブラジル先住民指導者
  • 国連サミットで高官会議が開始されたのを受け 抗議者たちはリマで歴史的な気候マーチに集結