■「デモクラシーNOW」はいまのところ放送がないのでツイッター情報が頼りです。どうぞ情報拡散にご協力ください。



「学生字幕翻訳コンテスト2019」も、締め切りが近づいてきました。いまから申し込んでも、まだ間に合います。課題ごとの申し込み数の偏りを調整するため、10月14日現在の申し込み状況をお知らせしておきます。申し込みが少なめのところに応募すると、受賞の確率が上がります。逆に、集中している課題は競争率が高くなります。参考にしてください

2019年の字幕翻訳コンテストの受付を開始しました



2019/10/22(火)

レバノンで起きている大規模な抗議行動は6日目に入り、国内の至る所で数十万人が厳しい経済状況、財政緊縮、汚職を批判する街頭デモに参加、政府首脳陣の退陣を求めています。今回の抗議運動は、10月第3週にレバノン政府が、メッセージアプリWhatsApp の無料音声通話に課税すると発表したことをきっかけに始まりましたが、以後、大規模なデモは革命を求める声にまで拡大しています。同じ週の週末には、100万人以上がベイルート、トリポリ、その他の都市の通りを埋め尽くしました。サード・ハリリ首相は10月21日 WhatsApp への課税を撤回、一連の経済改革を発表しましたが、抗議デモは引き続き首相の辞任を求めています。レバノン人の独立系ジャーナリスト、カリーム・チェハイブにさらに詳しく話を聞きます。最近、”Lebanon’s protests and wildfires tell the same grim story”「レバノンの抗議デモと山火事は同じ気味の悪い話」と題された彼の記事がワシントンポスト紙に掲載されました。

最近の米統計局の調査によれば、アフリカ系米国人の持ち家率は公民権運動以前から今までで最低水準に落ち込んでいることが明らかになりました。2019年の第2四半期の持ち家率はたった40%で、これは1950年以来最低の水準です。キーアンガ=ヤマッタ・テイラーの新刊Race for Profit: How Banks and the Real Estate Industry Undermined Black Home Ownership(『儲け口になる人種: 銀行と不動産産業はいかに黒人の住宅所有者を弱体化させたか 』)は、この危機の根源を検証しています。最近出版された同書は2019年の全米図書賞の選考対象になっています。プリンストン大学の准教授であるキーアンガ=ヤマッタ・テイラーに、フィラデルフィアから話を聞きます。

プリンストン大学准教授、キーアンガ=ヤマッタ・テイラーは、人種間の経済格差とアフリカ系米国人の持ち家率の低下についての本を出版したばかりです。彼女の本のタイトルはRace for Profit: How Banks and the Real Estate Industry Undermined Black Home Ownership(『 儲け口になる人種: 銀行と不動産産業はいかに黒人の住宅所有者を弱体化させたか 』)です。テイラーに、バーニー・サンダース上院議員が唱える富裕税案を含む、2020年の大統領選候補者たちの政策について話を聞きます。彼女はサンダースの政策は「不平等の後押しをする制度的な力と、それが人々の生活にもたらす影響の関係に光を」当てていると言います。

最近のニュース

2019/10/22(火)

  • 「前例のない」抗議デモがレバノン全土で激化 国民は首相の辞任と財政緊縮の終結を要求
  • 儲け口になる人種: キーアンガ=ヤマッタ・テイラーが語る 銀行と不動産産業はいかに黒人の住宅所有者を弱体化させたか
  • キーアンガ=ヤマッタ・テイラー バーニー・サンダースは「貧困層と労働階級の生活を変える」だろう

2019/10/21(月)

  • バーニー・サンダース復活 オカシオコルテスが支持を表明 26000人を集め2019最大の選挙集会となる
  • 核兵器に反対する「プラウシェアズの7人」 原子力潜水艦基地への侵入容疑で公判開始
  • チリ 「民主主義の回復を求める」抗議が高まる 軍事弾圧の中でも不平等を非難

2019/10/18(金)

  • 10代で終身刑を宣告されたシントイア・ブラウンが人身売買体験を乗り越え自由を勝ち取るまでの経緯

2019/10/17(木)

  • シカゴで3万人以上の教員と学校の職員がストライキ 公立学校への予算増を求める
  • 「メルトダウン」:米下院が354対60票で大統領の政策を非難 トランプはシリア撤退を擁護
  • ロー・カンナ議員:シリアからの撤退は慎重に 人命を軽んじる撤退は避けるべき

2019/10/16(水)

  • メフディ・ハサン:「今や最有力候補は2人だけ:バーニー・サンダースとエリザベス・ウォーレン」
  • ウォーレンとサンダース:圧倒的な不平等に対処するには「富裕税」が必要
  • 民主党候補者討論会:国民皆保険制度に対する「不誠実な」攻撃は、「一般家庭が支払わされている多大な保険料から注意をそらすもの」
  • 民主党候補者はトランプのシリア政策を非難 パレスチナ、イエメン、中国その他の問題には言及せず
  • これまでで最も長い討論にも関わらず、CNNとNYTから気候危機と移民に関する質問は皆無