■「デモクラシーNOW」はいまのところ放送がないのでツイッター情報が頼りです。どうぞ情報拡散にご協力ください。

2019年の字幕翻訳コンテストの受付を開始しました



2019/9/18(水)

イスラエルは17日の総選挙が、あまりの接戦のため、与野党ともに勝利宣言ができず、政治的混乱に直面しています。開票率92%の段階で、ベンヤミン・ネタニヤフ首相のリクード党と元軍参謀総長のベニー・ガンツ率いる「青と白」の党の得票数は、ほぼ拮抗しているもようです。両党を率い、首相を目指す二人はいずれも、パレスチナ人に対し厳しい措置を講じることを公約に掲げています。ネタニヤフは、再選を勝ち取った場合、ヨルダン川西岸の占領地のほぼ3分の1を併合すると約束していますが、それは国際法違反です。ガンツは今年の初め、ガザを爆撃して「石器時代」に戻すと脅しました。17日夜、ガンツはネタニヤフの再選での楽勝を許さなかったことで、自らの任務を果たしたと語りました。一方、ネタニヤフは支持者への演説で、勝利宣言を行わず、敗北も認めませんでした。エルサレムから、パレスチナ人弁護士ダイアナ・ブトゥに、今回の解散総選挙の重要性について話を聞きます。「最終的に誰が勝者になるか明確ではありませんが」とブトゥは言います。「究極の敗者が誰かは、はっきりしています。それは、パレスチナの人々です」

全米自動車労働組合(UAW)のメンバーが全米ストライキの3日目に突入するなか、ゼネラルモーターズは、労働条件の改善と公正な賃金を求めて全国でストに参加している従業員約5万人の健康保険を停止しました。労働者は、GMが破産後、連邦政府の救済を受けて記録的な利益を出すにいたったにもかかわらず、労働条件と給与の改善を求める従業員の要求を拒否し続けていると言います。GMに対する全社をあげてのストライキは、12年ぶりです。UAWはGMに、今月末までストライキ中の労働者の健康保険を負担するよう求めていました。ニューヨーク市から、ニューヨーク・タイムズの元記者で、労働分野のベテラン・ジャーナリストであるスティーブン・グリーンハウスに話を聞きます。彼の最新の著書はBeaten Down, Worked Up: The Past, Present, and Future of American Labor  (『打ち倒されて、奮い立ち:アメリカ労働者の過去、現在、未来』)と題されています。ニューヨーク・タイムズの彼の最近の論説は、“The Autoworkers Strike Is Bigger Than G.M.”(「自動車産業労働者のストライキは、GMよりも偉大だ」)という見出しです。

全米自動車労働組合(UAW)の労働者たちが全国でストライキを実施中。シカゴでは教師たちがストライキの準備をし、カイザー・パーマネンテの数千人の医療従事者らは10月にストライキを計画しています。長年にわたる労働問題記者であり、新著Beaten Down, Worked Up: The Past, Present, and Future of American Labor (『打ち倒されて、奮い立ち:アメリカ労働者の過去、現在、未来』)の著者であるスティーブン・グリーンハウスに話を聞きます。グリーンハウスは、労働問題と気候変動の活動家たちが「グリーン・ニューディール」を推進するために、どのように協力しているかについても述べます。

最近のニュース

2019/9/18(水)

  • イスラエル総選挙、決着は未だ不明「究極の敗者」はパレスチナ人
  • 全米自動車労組(UAW)のストライキが3日目に突入、労働者5万人がゼネラル・モーターズ(GM)に何十億ドルにおよぶ利益の分配を要求
  • 『打ち倒されて、奮い立ち』:スティーブン・グリーンハウスが語るアメリカ労働者の過去、現在、未来

2019/9/17(火)

  • ナオミ・クライン 気候危機には根本的な変化が必要 紙製のストローは一時しのぎで解決策ではない
  • 『オン・ファイヤー』 ナオミ・クライン 新刊でグリーン・ニューディールが地球を救うと論証
  • ナオミ・クライン グレタ・トゥーンベリは気候正義のための闘いの「予言的な声」
  • エコファシズム:ナオミ・クラインが警告 極右の白人至上主義包摂は気候危機と関連あり

2019/9/16(月)

  • サウジの石油施設攻撃 米国とイランを含む「広範囲の地域戦争」になる恐れ
  • 「われわれメディアは仕事を怠ってきた」 250以上のメディアが気候危機の報道強化を約束
  • 「生物学的絶滅だ」 アラスカの北極圏野生生物保護区で石油・ガス採掘を解禁する危険

2019/9/13(金)

  • ジョー・バイデン  3回目の民主党候補者討論会で医療保険制度案とイラク侵攻支持を批判される
  • 「人種差別は米国の風土病」民主党候補者たちは奴隷制度の負の遺産と白人至上主義に立ち向かうことを誓う
  • ラティーノはバイデン候補を信用すべきか?前副大統領はオバマ政権時代の300万人国外追放の批判を拒否
  • バーニー・サンダース候補の民主社会主義:わたしたち皆が潤う経済をつくりたい
  • エリザベス・ウォーレン候補 アフガニスタンからの米軍撤退を要求
  • メディケア・フォア・オール:サンダースとウォーレンは高齢者向け公的医療保険を全国民に拡大する案を主張

2019/9/12(木)

  • 「イラン空爆」論者ジョン・ボルトン大統領補佐官解任で 米イラン協議が再開か?
  • ノウラ・エラカット:ヨルダン川西岸を一部併合するネタニヤフの提案は イスラエルのアパルトヘイト政策の論理的帰結
  • フリント市の悲劇再び? ニュージャージー州ニューアークの水道が鉛汚染で公衆衛生危機に瀕する