■「デモクラシーNOW」はいまのところ放送がないのでツイッター情報が頼りです。どうぞ情報拡散にご協力ください。

2019年の字幕翻訳コンテストの受付を開始しました



2019/8/22(木)

8月19~20日、アイオワ州スー・シティで開催された史上初の「フランク・ラメール・アメリカ先住民族フォーラム」(Frank LaMere Native American Presidential Forum)には、バーニー・サンダース上院議員とエリザベス・ウォーレン上院議員を含む10人の民主党および無所属の2020年大統領選候補者が参加し、先住民コミュニティとの対話の機会を持ちました。この2日間のイベントでは、それぞれの候補者が、部族のリーダーとアメリカ先住民族の若者や長老から成るパネルの質問に答えました。質問では、ネーティブ・アメリカン条約への権利、有権者・投票の抑圧、先住民族女性の殺害および行方不明に関する問題などが取り上げられました。

今週、アイオワ州スー・シティで行われた、史上初の「フランク・ラメール・アメリカ先住民フォーラム」の後、番組では3人のゲストと話す機会を持ちました。まずはデジタル・デイリー・ニュースサイト「インディアン・カントリー・トゥデイ」(Indian Country Today)の編集者で、 今回のフォーラムのモデレーター役を務めたマーク・トラハント、シーディング自治権(Seeding Sovereignty)のSHIFTプロジェクトのディレクター、クリスティン・ノビス、そしてアメリカ先住民の活動家・作家で、無所属の大統領候補でもある、マーク・チャールズの3人です。3人は、アメリカ先住民族コミュニティに特有の問題への大統領候補者たちの提案について語ります。その中には、先住民族の少女や女性たちが殺害されたり行方不明になるという慢性的とも言える問題、土地の主権、植民地主義がもたらした世代を超えたトラウマの問題などが含まれます。

最近のニュース

2019/8/22(木)

  • ウォーレンはアメリカ先住民に謝罪 サンダースは「ウンデット・ニーの虐殺」で米軍兵士に与えられた名誉勲章を取り消すと約束
  • 2020年の大統領選候補者 アメリカ先住民フォーラムで 歴史的なトラウマ 行方不明の先住民女性の問題などについて語る

2019/8/21(水)

  • 砂漠を超えようとした移民の死を追悼するために ソノラ砂漠に十字架を設置するアーティスト、アルバロ・エンシソ
  • ニューヨーク州の児童被害者法が施行され 数日で500件を超える訴訟が起こされた

2019/8/20(火)

  • エリック・ガーナーの娘エメラルド・ガーナー パンタレオの解雇は「ずっと前にされるべきだった」
  • トランプがアンティファを犯罪者にしようとする一方 ポートランドはプラウド・ボーイズやその他の極右集団を拒絶
  • アフガン政府抜きの米国とタリバンとの和平交渉が続くなか 複数の爆弾殺人がアフガニスタンを破壊

2019/8/19(月)

  • 移民支援活動家スコット・ウォーレン 重罪に問われるも活動継続を宣言
  • 「人道支援は犯罪ではない」 砂漠に飲み水を置く「ノー・モア・デス」の移民支援ボランティア
  • 「彼らはかけがえのない、大事な人」 国境地帯で発見された遺体の身元を調べるグループ

2019/8/16(金)

  • イスラエルは何を隠そうとしているのか?西岸地区へのタリーブ議員とオマール議員の公式訪問を阻止
  • 大規模な土地強奪 米国黒人から何100万エーカーもの土地を奪った連邦法