オバマ大統領が不発弾除去に9000万ドルを約束も 「ラオスでは未だに大勢が恐怖を感じながら生活している」

オバマ大統領が米国の大統領として初めてラオスを訪問しますが、ベトナム戦争中の米国によるラオスへの空爆の後遺症について見ていきます。米国はラオスに少なくとも200万トンの爆弾を投下しました。これは飛行機一機分を8分ごとに毎日24時間、9年間投下した計算になります。ラオス各地には、クラスター爆弾内部に仕込まれた野球ボール位の大きさの小型爆弾が最大8000万個が残っていると専門家は推定しています。オバマ大統領は今週、米国が投下したラオス国内の不発弾除去のために9000万ドルを拠出することを約束しました。本日はラオスの不発弾爆発事故サバイバーおよび被害者支援活動家とのインタビューを放送するとともに、Eternal Harvest: The Legacy of American Bombs in Laos(『永遠に残る後遺症――米国のラオス空爆の遺産』)を共同執筆したカレン・コーツとジェリー・レッドファーンに話を聞きます。

最近のニュース

2020/9/18(金)

  • トランプ対マスク:疾病対策センターや医師や科学者を攻撃し「パンデミック対策の柱」を弱める
  • 山火事が西部で猛威を振るう中トランプ大統領は石油大手を救済し海洋大気庁の要職に気候否定論者を指名
  • トランプ大統領は故ハワード・ジンの著作を「プロパガンダ」呼ばわり 歴史家本人の言葉を聞く

2020/9/17(木)

  • 米国が作った危機:飢餓に瀕するイエメン 戦争をあおりながらも援助を削減する米国 
  • ギリシャのモリア難民キャンプが火事で焼失 難民キャンプの代替えよりも移住を求める声が高まる
  • ウィキリークスのジュリアン・アサンジ送還問題は 国の報道の自由への攻撃だ ダニエル・エルスバーグが警告

2020/9/16(水)

  • 彼女の名前を語り続けよう:1200 万ドルで和解した、ブリオナ・テイラーの遺族が望むのは、警官の逮捕
  • マイケル・デンゼル・スミス:ブリオナ・テイラー事件、警察予算の削減、構造的な人種差別、自身の「トランプ時代の鬱」を語る
  • ヌーラ・エラカット、トランプが自賛するバーレーン・UAE・イスラエルの国交正常化協定でパレスチナ和平は進むどころか、抑圧が強まる

2020/9/15(火)

  • 「大規模な有権者の権利剥奪」大統領選を前に共和党が全米で投票権への攻撃を強化
  • 植民地化がカリフォルニア州を火口箱にした:先住民の土地管理が気候火災と闘うことを助ける理由
  • パンデミックで不当儲け:アマゾン社の便乗値上げが露呈する一方でジェフ・べゾスの資産は2000億ドルに膨張

2020/9/14(月)

  • パンデミックと山火事と熱波:西海岸炎上で在留資格のない移民農場労働者が直面する「三重の脅威」
  • 「これは気候変動火災」 オレゴン州の元消防士でエコロジストが指摘する壊滅的な炎の警告
  • 「トランプ大統領は犯罪が歩いているようなもの」 ウイリアム・バーバー師が投票権保護と貧者の動員について語る