オバマ大統領が不発弾除去に9000万ドルを約束も 「ラオスでは未だに大勢が恐怖を感じながら生活している」

オバマ大統領が米国の大統領として初めてラオスを訪問しますが、ベトナム戦争中の米国によるラオスへの空爆の後遺症について見ていきます。米国はラオスに少なくとも200万トンの爆弾を投下しました。これは飛行機一機分を8分ごとに毎日24時間、9年間投下した計算になります。ラオス各地には、クラスター爆弾内部に仕込まれた野球ボール位の大きさの小型爆弾が最大8000万個が残っていると専門家は推定しています。オバマ大統領は今週、米国が投下したラオス国内の不発弾除去のために9000万ドルを拠出することを約束しました。本日はラオスの不発弾爆発事故サバイバーおよび被害者支援活動家とのインタビューを放送するとともに、Eternal Harvest: The Legacy of American Bombs in Laos(『永遠に残る後遺症――米国のラオス空爆の遺産』)を共同執筆したカレン・コーツとジェリー・レッドファーンに話を聞きます。

最近のニュース

2019/9/13(金)

  • ジョー・バイデン  3回目の民主党候補者討論会で医療保険制度案とイラク侵攻支持を批判される
  • 「人種差別は米国の風土病」民主党候補者たちは奴隷制度の負の遺産と白人至上主義に立ち向かうことを誓う
  • ラティーノはバイデン候補を信用すべきか?前副大統領はオバマ政権時代の300万人国外追放の批判を拒否
  • バーニー・サンダース候補の民主社会主義:わたしたち皆が潤う経済をつくりたい
  • エリザベス・ウォーレン候補 アフガニスタンからの米軍撤退を要求
  • メディケア・フォア・オール:サンダースとウォーレンは高齢者向け公的医療保険を全国民に拡大する案を主張

2019/9/12(木)

  • 「イラン空爆」論者ジョン・ボルトン大統領補佐官解任で 米イラン協議が再開か?
  • ノウラ・エラカット:ヨルダン川西岸を一部併合するネタニヤフの提案は イスラエルのアパルトヘイト政策の論理的帰結
  • フリント市の悲劇再び? ニュージャージー州ニューアークの水道が鉛汚染で公衆衛生危機に瀕する

2019/9/11(水)

  • 「現在のシステムに一石を投じるためにストライキをやっています」:16歳の気候の正義活動家グレタ・トゥーンベリと話した一時間

2019/9/10(火)

  • 「彼らには我々の支援が必要」バハマ系米国人議員 避難を求めるハリケーン被災者たちの入国を米国に要請
  • 見えない危機:北へ向かうことを望む数千人のアフリカの移民がメキシコで立ち往生
  • レバノンの難民キャンプからハーバードへ:イスマイル・アジャウィが他のパレスチナ人学生たちを鼓舞

2019/9/9(月)

  • トランプ大統領がタリバンとの和平交渉を中止 「交渉がアフガニスタンの人々のためだったことはない」と識者
  • 「説明責任が果たされていない」 移民局員がナッシュビル近郊で無登録移民に発砲 FBI捜査が入る
  • ハリケーン「ドリアン」の猛威は気候変動のせい なぜ大手メディアはこの繋がりを報道しないのか