オバマ大統領が不発弾除去に9000万ドルを約束も 「ラオスでは未だに大勢が恐怖を感じながら生活している」

オバマ大統領が米国の大統領として初めてラオスを訪問しますが、ベトナム戦争中の米国によるラオスへの空爆の後遺症について見ていきます。米国はラオスに少なくとも200万トンの爆弾を投下しました。これは飛行機一機分を8分ごとに毎日24時間、9年間投下した計算になります。ラオス各地には、クラスター爆弾内部に仕込まれた野球ボール位の大きさの小型爆弾が最大8000万個が残っていると専門家は推定しています。オバマ大統領は今週、米国が投下したラオス国内の不発弾除去のために9000万ドルを拠出することを約束しました。本日はラオスの不発弾爆発事故サバイバーおよび被害者支援活動家とのインタビューを放送するとともに、Eternal Harvest: The Legacy of American Bombs in Laos(『永遠に残る後遺症――米国のラオス空爆の遺産』)を共同執筆したカレン・コーツとジェリー・レッドファーンに話を聞きます。

最近のニュース

2020/7/3(金)

  • 「米国の奴隷にとって独立記念日とは?」フレデリック・ダグラスの歴史的演説を俳優ジェームズ・アール・ジョーンズが朗読
  • アンジェラ・デイビスが語る 妊娠中絶 警察予算の削減 人種主義者の像の撤廃 2020年選挙の投票
  • 「米国は最後の審判を迎える」 キーアンガ=ヤマッタ・テイラーとコーネルウェストが反人種差別の反乱を語る

2020/7/2(木)

  • ラシュモア山の知られざる歴史:ラコタ族の神聖な土地にKKK支持者が作った記念碑
  • バーバラ・ランスビーがバイデン問題を語る:社会運動はトランプを落選させ 同時に民主党の責任も問うべき
  • 米陸軍は兵士の殺人を無視したのか? 行方不明のバネッサ・ギレンを巡り深まる疑惑

2020/7/1(水)

  • ジャマール・ボウマン、予備選挙での番狂わせ、家賃不払い運動、警察の暴力行為、西岸併合に反対する理由を語る
  • エド・ヤン、米国のパンデミック対策は「ひどい」、「メディケア・フォー・オール」があったら、どれほど多くの命が救われていたか」

2020/6/30(火)

  • 大喜びの瞬間」トランプ時代初の大きな中絶ケースで最高裁が厳格なルイジアナ州法に無効の判決
  • 全米黒人地位向上協会の代表デリック・ジョンソンが語るミシシッピ州旗、トランプの憎悪に満ちたレトリック、フェイスブックボイコット
  • ニュージャージー州 ジェントリフィケーションと公立校の取り壊し、ラティニクス生徒の強制転校と闘う親たち
  • #市庁舎を占拠せよ: NY市警の予算から10億ドルを移すという市長の「無理解な」公約はデモの要求を満たさない

2020/6/29(月)

  • 壮大な否認:新型コロナウイルス感染が米国各地で急増 世界全体で1千万人越え ペンス副大統領は「見事な進展」と称賛
  • 「残酷な仕打ち」:コロラド州の警察による2019年のイライジャ・マクレイン殺害 捜査開始がなぜこれほど遅れたのか
  • ルイジアナの活動家が15年の刑に直面 プラスチックごみの箱で石油ロビイストを「怖がらせた」容疑で