インドは全体主義への道を歩むのか?アルンダティ・ロイが語るコーポラティズム、 国家主義 世界最大規模の選挙

世界で最も大規模な選挙がインドで始まりました。本日は一時間、インドの小説家でありエッセイストのアルンダティ・ロイに話を聞きます。およそ8億1500万人のインド国民が投票権を持ち、この結果は五月に発表されます。インドでも最も有名な著者の一人であり、最も手厳しい評論家でもあるロイは新著のCapitalism: A Ghost Story (『資本主義:ゴースト・スーリー』)で、インドの変わりつつある政治勢力を偵察し、グローバル化される資本主義が、貧富の格差を広げ、レイシズムを悪化させ、環境破壊を深化させていると語ります。「今回の選挙は大企業が誰を選ぶかという選挙です。この国で最も貧しい人々に対して躊躇せずインド軍を配備して彼らを追い出し、土地、河川、山々を大手鉱山企業に放出することができるのは誰かを決める選挙なのです」とロイは述べます。彼女は『小さきものたちの神』で1997年のブッカー賞を受賞しています。他にもAn Ordinary Person’s Guide to Empire (『普通の人のための帝国へのガイド』)」やField Notes on Democracy: Listening to Grasshoppers(『民主主義フィールドノート:イナゴの襲来に耳をすまして』)など多数の著書があります。

最近のニュース

2019/6/25(火)

  • トランプが新たな制裁 イランは米国が「外交の道を永遠に閉ざした」とコメント
  • ジョナサン・コゾル 「ジョー・バイデンは人種分離主義者を称えただけではない 人種統合のバス通学に数年にわたって反対した」
  • 右翼武装集団に支援されたオレゴン州の共和党議員州外へ逃亡 歴史的な気候関連法案の可決引き延ばし

2019/6/24(月)

  • テキサスの移民収容所を訪問した弁護士「誰かが死んでもおかしくない」 混乱・病気・危険に直面する移民の子どもたち
  • 第二次大戦で強制収容された日系米国人 移民の子どもをフォートシル陸軍基地に収容する計画に抗議
  • エクアドルの拘置所から釈放されたオラ・ビニが出演 プライバシー保護活動家でアサンジの友人

2019/6/21(金)

  • ボルトン&ポンペオが戦争推進を続ける傍らトランプはイラン攻撃を取り止める
  • グアテマラ大統領選挙から締め出されたテルマ・アルダナ 国中が汚職に「捕まっている」と発言
  • 米国支援の治安部隊に母を殺されたルクレシア・マックがグアテマラ議会のメンバーになる

2019/6/20(木)

  • 作家タナハシ・コーツ 歴史的下院公聴会で奴隷への賠償を主張
  • タナハシ・コーツ:賠償は奴隷制度のみならず 数百年に渡る窃盗と人種差別による恐怖への償いだ
  • タナハシ・コーツ:「ジョー・バイデンは大統領になるべきではない」

2019/6/19(水)

  • IT巨大企業があなたの財布を狙う戦争:フェイスブックが仮想通貨計画を公表 まきおこった猛反対
  • アレクサンドリア・オカシオ=コルテスの当選から1年 ティファニー・カバンがクイーンズ地区の地方検事選挙に立候補し支配層に挑戦
  • 「殺されるかと思った」:4歳の少女が人形を万引きした嫌疑で警官が家族に銃を突きつける