« 前  

2020年10月6日(火)

  次 »
  • 【20/10/06/1】トランプ大統領は、彼を取り巻く十数人以上がすでにCOVID-19検査に陽性反応を示し、自身がまだ感染を広げる可能性があるにも関わらず、ホワイトハウスに戻り、医療専門家たちに衝撃を与えています。緊急救命医のダラ・カス医師は、米国で20万人以上が死亡したパンデミックを軽視するトランプ大統領の態度に「ぞっとした」と言います。「私もこのウイルスに感染しました」とカス医師は言います。「友人や家族にうつすのが怖かったので、顔にN95マスクを付けることなしに寝室から出ることはありませんでした。」

  • 【20/10/06/2】 世界で最も注目されている新型コロナウイルスの患者が、感染を広げる可能性があり周囲の人間を危険にさらすにも関わらずホワイトハウスに戻りました。しばらく前に父親をCOVID-19で亡くした活動家のクリスティン・ウルキザに話を聞きます。彼女は、トランプ大統領がこの病気を大したことが無いかのように振舞うのは、愛する人を失った家族にとっての平手打ちだと言います。 「私は愕然としました」と、ウルキザは言います。 「愛する人をCOVIDで亡くし、このウイルスの恐ろしさを間近で目にしたすべての人が同じように感じました」。 8月の民主党全国大会で父親について話したウルキザは、パンデミックで亡くなった米国人の物語への関心度を高めるプロジェクト、「マークト・バイ・COVID」(Marked by COVID)の共同創設者です。

  • 【20/10/06/3】トランプ大統領の周囲でCOVID-19検査で陽性反応を示す人数が増え続けていますが、ホワイトハウスが米疾病対策予防センター(CDC)にしてほしくないこと―トランプ大統領を感染させた、または彼によって感染させられた可能性がある接触者を追跡する―をしている学生ジャーナリストに話を聞きます。ミドルベリー大学4年生のベンジー・レントンは、トランプ大統領の周辺で増え続ける、COVID-19にさらされた、あるいは感染した人間を監視するためのリアルタイム追跡ツールの開発を手伝いました。このサイトは「ホワイトハウスのCOVID-19 」(COVID-19 at the White House)と呼ばれ、これまでに270人以上の接触者と25人の陽性例をリストアップしています。このサイトは「公表されている情報」を使って、「米国の市民に与えられるべき透明性と情報へのアクセスを確実にしている」とレントンは言います。

Syndicate content