« 前  

2020年8月24日(月)

  次 »
  • 米国郵政公社の将来をめぐる攻防が激しさを増しています。2020年大統領選挙では記録的な数の郵便投票が予想されることから、民主党と共和党は同公社をめぐる戦いに釘づけになっています。郵便配達人として数十年間働いた経歴があるノースカロライナA&T州立大学の歴史学教授フィリップ・ルビオに聞きます。ルビオは、数十年にわたる政治的介入が郵政公社の「作られた危機」の原因だと言います。ルイス・デジョイ総裁の変革については、「公社は既にダメージを受けました。新型コロナのパンデミックの中で安全に確実に投票したいと願う多くの有権者を失望させました」と述べます。

  • トランプの元首席選挙参謀で元大統領顧問スティーブ・バノンが司法省に起訴されました。バノンが密接に関わる刑事事件としては6件目になります。バノンは、メキシコ国境に壁を建設する民間プロジェクト「私たちは壁を作る」(We Build the Wall)の出資者から金を騙し取り、自分たちの贅沢な生活に流用した容疑がかけられています。番組では資金の流れを追うとともに、壁に沿ってすでに河川の浸食が進んでおり、この民間プロジェクトごと川に飲み込まれるおそれがあることを指摘した先月の調査についてみていきます。プロパブリカとテキサス・トリビューン紙共同調査班のペルラ・トレビゾ記者とレキシ・チャーチル記者に詳しく聞きます。

  • 共和党全国大会が開催されます。同党が「キュー・アノン」(QAnon)として知られる極右の陰謀論者を公式に活用していることを取り上げます。QAnonとは、トランプ大統領が、児童売春を目的とした人身売買業者である悪魔崇拝のエリート秘密結社の陰謀と密かに闘っている、などの説を展開している団体です。トランプ大統領は、この陰謀論を信じる者のツイートをリツイートしてきましたが、最近になって初めて、QAnon信者は「愛国者だ」と述べました。メディア監視団体「メディア・マターズ(Media Matters)」代表アンジェロ・カルソネは、QAnon信奉者が11月の選挙に20人立候補しているとし、「もはや見過ごすことのできない規模で拡大しています」と言います。

Syndicate content