« 前  

2015年10月23日(金)

  次 »
  • 民主党の有力大統領候補のヒラリー・クリントン前国務長官は 22日、リビアで起きた2012年の米国大使館襲撃事件を徹底的に追及する下院特別委員会で、長時間の証言を行いました。このベンガジ襲撃事件では米国大使クリストファー・スティーブンスのほか米国人3人が殺害されました。公聴会では、共和党の批判に対し、クリントンはベンガジ事件に関する自己の履歴を弁護し通しました。共和党は、当時国務長官だったヒラリー・クリントンが襲撃前の警告を無視し、襲撃後の対応も誤っていたと主張しますが、これまで行われた7回の議会調査で間違った行為は見つかっていません。クリントンは落ち着いた態度で共和党の質問に答弁し、閉会後に小委員会議長でサウスカロライナ州選出の下院議員トレイ・ゴウディは、この公聴会は何も新しい発見はなかったと認めました。CIAや国務省で分析官を努めた経験のあるメルヴィン・グッドマンは、ベンガジ公聴会はクリントンに弁明させるべきだった本当の問題を無視していたと指摘します。それは、米国によるリビア爆撃です。これにより、リビアの国内情勢が不安定化したことが、2012年のベンガジ大使館襲撃事件が起きる背景となっているからです。「議会で追及されたことは、どうでもいい問題ばかりだった。本当に重大なことは論じられなかった」とグッドマンは話します。

  • 欧州の 25か国以上がCIAのテロ関係容疑者の他国への移送、拷問、秘密刑務所プグラムに協力したことがわかっており、いまだに説明責任の追及が続いています。「これは、欧州の面目を失わせる、あさましい話です。(欧州諸国は)これらの人権侵害の手助けをしていました。彼らは自国市民と国際法廷の前で説明を行うべきです」と欧州評議会人権委員会のニルズ・ムイズニエックスは話します。

  • シリア、イラク、アフガニスタン、アフリカの一部から戦火を逃れて大量の難民がヨーロッパに押し寄せています。国連難民高等弁務官事務所の報告によれば、旅を続けるための費用を払うために性行為を強要される子どもの数が増えています。現在、国連は難民の扱いに関して組織的な人権侵害があったとして、チェコ共和国を批判しています。国連によると、チェコ政府は、難民が入国したり国に滞在することを防ぐために虐待を行っています。欧州評議会人権委員会のニルズ・ムイズニエックスに話を聞きます。

  • アメリカ国家安全保障局(NSA)の内部告発者エドワード・スノーデン、ピュリッツァー賞受賞ジャーナリストのグレン・グリーンウォルド、プライバシー活動家たちが、9月に世界的なプライバシー基準を設定する運動を始めました。彼らが提案する「プライバシーの権利、不適切な監視からの保護、内部告発者の保護に関する国際条約」は、国家による大規模なデータ収集や国民を監視する国家安全プログラムの導入の禁止を求めます。また、内部告発者の政治亡命をみとめることも各国に求めています。これは通称「スノーデン条約」とも呼ばれています。大規模監視の状態について欧州評議会人権委員会のニルズ・ムイズニエックスに話を聞きます。

Syndicate content