« 前  

2015年10月20日(火)

  次 »
  • カナダでは有権者の投票により、10年近く政権の座にあった右派のスティーブン・ハーパー首相の退任が決まりました。近年の歴史の中でも稀に見る接戦となった選挙は予想外の結果をもたらし、中道派の自由党が第3党から大躍進し過半数の議席を獲得しました。これにより、自由党の党首ジャスティン・トルドーがカナダの次期首相になります。今回の敗北を受けて退任するハーパー首相は、これまで3回の選挙を戦いましたが、いずれにおいても与党保守党の得票が4割を超えたことはありませんでした。ガーディアン紙は、ハーパーの環境問題に対する敵対的姿勢と、その他の特徴的な右派の政策から、彼のことを最近の見出しで「北米最後のジョージ・W・ブッシュの遺物」と呼んでいました。10月19日の投票結果は、伝統的左派の新民主党(NDP)にとっても大きな敗北で、野党第1党から第3党に転落してしまいました。NDPは8月の時点では支持率首位でしたが、指導層が中道寄りになびいたため、勢いを失いました。トルドーは、ハーパーの主要な政策のいくつかを覆すと約束する一方で、「カナダの愛国者法」として知られる「C-51監視法」(C-51 surveillance law)とキーストーンXLパイプラインなどの政策は支持しています。先住民系の弁護士で法律学教授であるパメラ・パルメーターと、カナダの主要な独立系ニュースサイトの1つ「ラブル・ドット・カナダ」(Rabble.ca)の設立者であるジュディ・レビックの2人にカナダの総選挙について話を聞きます。

  • ミシシッピ州の大学生たちは、南部連合の旗印の掲揚をめぐる新たな闘いで、米国の歴史的遺産である人種差別と奴隷制と対峙しています。ミシシッピ大学の学生自治会は10月20日、大学構内の敷地から州旗を撤去するかどうかを投票する予定です。この旗には左上の角に南部連合軍の旗印が描かれています。この旗印を今も使っている州旗は全米でミシシッピ州だけです。今回の件は、4ヶ月前に白人至上主義者がサウス・カロライナ州のチャールストンで9人のアフリカ系米国人を殺害して以来起きている、南部連合の旗印の掲揚を公共の場からなくそうという動きの最も最近のものとなります。アラバマ州とサウス・カロライナ州はすでに州議事堂の敷地から南部連合国旗を取り外しました。同旗の撤去はミシシッピ大学では特に重要な意味を持ちます。同大学では1962年、アフリカ系米国人の学生ジェームス・メレディスの入学をめぐり白人の学生たちが暴動を起こし、それが公民権運動の闘いの火種になったからです。ミシシッピ大学民主党の党首であるアレン・クーンと全米黒人地位向上協会(NAACP)の同校支部の秘書であるドミニク・スコットに、構内から同旗を撤去する学生主導の取り組みついて話を聞きます。

  • 米政府周辺では、ジョー・バイデン副大統領がもうすぐ民主党の大統領候補として出馬するだろうという噂で持ちきりです。出馬するとなれば、2期にわたり副大統領をつとめた現職としての強みを発揮するでしょうが、その一方でバイデンが前回、大統領候補として指名争いをした当時に比べて民主党内の政治環境ははるかに進歩的なものになっており、上院議員時代の活動履歴について細かく詮索されることにもなるでしょう。バイデンの1994年の犯罪法案は、銃規制を一掃するよう施行された一方で、人々を服役させたままにするよう報奨金を与え大量投獄をあおることを促しました。バイデンはまた、金融業界との密接なつながり、特に消費者が破産宣告することをより難しくした2005年の法案の成立を助けたことでも知られています。ニューヨーク・タイムズ紙によると、クレジットカード会社MBNAは、1989年から2010年まで、バイデンへの政治献金でトップでした。バイデンの大統領選出馬をめぐる憶測が最高潮に達している今、オバマ政権はバイデンの重要な立法の1つを無効にしようとしています。米政府は2005年の破産法の中の、学生ローン債務の軽減を難しくさせている条項を取り消そうとしています。この条項により、ほとんどの米国人が民間学生ローンに対する破産法による保護を申請できなくなっているからです。政府のこの取り組みに先立って、『インターナショナル・ビジネス・タイムス』の9月号に「米国市民の学生ローン債務を軽減を難しくさせる法案をジョー・バイデンが推進した」というデビッド・シロタの暴露記事が掲載されました。シロタに、この法案を可決させる上でバイデンが果たした役割について聞きます。

Syndicate content