« 前  

2015年6月26日(金)

  次 »
  • 6月17日に聖書勉強会の出席者9人が射殺された、サウスカロライナ州チャールストンのエマニュエル・アフリカン・メソジスト監督教会、通称「母なるエマニュエル」の前から中継しています。今週末まで各地で葬儀が予定されていますが、その最初の2つの葬儀が25日に行われ、追悼者たちが参列しました。3児の母で、牧師や高校の陸上教師を務めていたシャロンダ・コールマン=シングルトン(45歳)、エマニュエル・アフリカン・メソジスト 監督教会で30年以上働いていたイーセル・ランス(70歳)の葬儀が、遺族の手で行われました。今日(26日)は、エマニュエル・アフリカン・メソジスト 監督教会の牧師で州上院議員のクレメンタ・ピンクニー師の葬儀が執り行われ、オバマ大統領が弔辞を述べる予定です。25日にピンクニー師の通夜が行われた会場の外にはラインが貼られ、その一角をとり囲んでいました。参列者に話を聞きます。「私にとって、これは黒人教会に対する9.11テロ攻撃みたいなものです」とJ.ミシェル・リトル師は話します。「ここから我々は勝利をつかみ取りました。(ディラン・ルーフは)内乱に火をつけようとしましたが、逆に人々は白人と黒人の団結を訴えて集まっています」。

  • 今週、故クレメンタ・ピンクニー師の告別式がサウスカロライナ州議事堂で執り行われた際に、遺体を収めた棺は、州議事堂にいまだに掲げられている南部連合旗の前を通らなければなりませんでした。彼を殺害したディラン・ルーフがシンボルとして崇めていた、南北戦争時の南部連合の旗です。エマニュエル・アフリカン・メソジスト 監督教会はチャールストン市のカフーン通りに建っています。この通りの名称は、奴隷制度の擁護者として名高い故ジョン・C・カルフーンに由来しています。彼はサウスカロライナ朱上院議員で副大統領をつとめ、奴隷制度を「必要悪」ではなく、むしろ「積極的な善」であると唱えた人物です。「奴隷制度は、サウスカロライナ州の歴史に深く染み込んでいます」と、公民権運動活動家でサウスカロライナ州コロンビアを拠点にしているコミュニティ・オーガナイザーのケビン・アレグザンダー・グレイは語ります。グレイは、州議会議事堂から南部連合旗を撤去せよとの要求は、必要な変革の第一歩にすぎないと指摘し、「旗だけについて話をすることはできません。私たちがどこに向かって進んでいくかが大事なのです」

  • 市民権指導者でMSNBC局の番組ホストをつとめるアル・シャープトンが、犠牲者の葬儀に際し、チャールストンの大量殺人事件と南部連合旗をめぐる論争の再燃について振り返ります。アラバマ州のロバート・ベントレー知事がアラバマ州議会議事堂から南部連合国旗を撤去したのに続き、サウスカロライナ州のニッキー・ハーレイ知事も今週、南部連合旗を州議会議事堂から撤去するよう要請しました。「150年ばかり遅きに失した。お前たちは南北戦争で敗北したと、誰かが教えてやるべきだった」とシャープトン師は話ます。

  • サウスカロライナ州チャールストンにて、「サウスカロライナ・プログレッシブ・ネットワーク」の責任者で、自称「存命中の南部連合の戦争捕虜の最高齢者」ブレット・バーシーに話を聞きます。彼は1969年に南部連合旗を燃やして以来、いまだに保釈中の身であると話しています。バーシ‐はクレメンタ・ピンクニー師と知り合いで、「クレメンタに対する義理を果たすには、彼が捧げた犠牲を無駄にせず、それを逆手に取ってニッキー・ハーレー州知事と共和党議員たちの偽善と偏見に抗議することだと思います。彼らは、投票者に身分証明書の提示を要求する法制を推進しし、サウスカロライナ州におけるメデイケイド受給資格の拡大を阻止しました。

  • エマニュエル・アフリカン・メソジスト 監督教会銃乱射事件の容疑者ディラン・ルーフは現在、近郊の町ノース・チャールストンで今年初めに非武装のアフリカ系アメリカ人を射殺した警官マイケル・スレイガーの隣の房に収監されています。大量殺人事件の余波の中で、「黒人の命も大切」(Black Lives Matter)チャールストン支部の組織者ムヒイディーン・ドバハに、地元での積極行動主義について話を聞きます。「これは目新しい出来事ではありません。私たちは何百年ものあいだ攻撃され続けてきました。私たちの世代は、白人至上主義の構造の中で子どもを育てることを拒否します」と、ドバハは話ます。

  • クレメンタ・ピンクニー師の通夜会場の外で、エマニュエル・アフリカン・メソジスト 監督教会で起きた大量殺人事件について、サウスカロライナ州出身の公民権運動指導者ジェシー・ジャクソン師にエイミー・グッドマンがインタビューを行いました。ジャクソン師は、「問題は、これが単なる不祥事か、それとも転換につながるかです」と指摘し、州議会議事堂から南部連合旗を撤去させる動きは、そこでとまってはいけないと主張します。「もし、それでも投票権への不当な制限が継続するなら、上首尾とはいえません。旗が降ろされても、人種差別的な取り締まりが継続するのであれば、それも不十分です」

Syndicate content