« 前  

2020年9月14日(月)

  次 »
  • 壊滅的な山火事が米国西海岸で燃え盛るなか、最も弱い立場にある人々に在留資格のない移民労働者がいます。コロナウイルスのパンデミックや気候変動に煽られた山火事の危険があるにもかかわらず、彼らの多くは避難区域内で働くことになっても働き続けなければならないと思っています。カルフォルニア州は、強制避難区域での作業は労働者を大きな危険にさらすことになるにもかかわらず、収穫を繰り返し認めて来ました。農場労働者の法的援助を行うカルフォルニア・ルーラル・リーガル・アシスタンス(California Rural Legal Assistance)の法務責任者であるエステラ・シスネロスは、危険な労働環境に異議を唱える農場労働者は仕事を失う危険があると言います。「農場労働者はこれまで、作業中に新型コロナウイルスに感染する危険や熱中症の危険にもかかわらず働き続けてきました。今度は、山火事の煙が運んでくる危険にさらされています」。

  • トランプ大統領は、3週間にわたりカルフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州で荒れ狂う山火事について、ずさんな森林管理が主因だと仄めかす以外には殆んど発言していません。州知事たちはこれに反論し、山火事と気候変動との直接的な関連性を指摘しています。原野火災消防士としての経歴があり原野火災エコロジストの資格をもつオレゴン州のティモシー・インガルスビーは、「これらは気候変動火災です。一つの事象の原因を気候変動に帰することに躊躇する科学者もいますが、現在の山火事はまさに気候学者が予測してきたことに他なりません」と話します。彼は現在、「安全と倫理とエコロジーで団結する消防士」(Firefighters United for Safety, Ethics, and Ecology)の責任者です。

  • 11月の大統領選挙まで2カ月を切るなか、「貧者の運動(Poor People's Campaign)」は、選挙結果を左右する可能性のある貧しい低所得者数千万人の投票権登録運動を開始しました。「貧者の運動(Poor People's Campaign)共同代表で「破れを繕う者たち」(Repairers of the Breach)代表のウイリアム・バーバー牧師は、「投票は解き放たれた力です。私たちは投票の力、投票を守る力、投票によって公共政策を練り上げていく力について、人々を訓練しなければなりません」と言います。この呼びかけは、Mobilizing, Organizing, Registering, Educating People for a Movement That Votes(人々を結集、組織、登録、教育する投票運動)を略して、MOREと呼ばれています。

Syndicate content