« 前  

2019年8月13日(火)

  次 »
  • 8月第2週は、バージニア州シャーロッツビルに白人至上主義者が集結した事件から2年となります。その現場でネオナチが運転する車が反人種差別抗議者の集団に突っ込み、32歳の活動家ヘザー・へイヤーを殺害しました。トランプ大統領はその事件から数日後、「どちらの側にもとても素晴らしい人々」がいると主張しました。「名誉棄損防止連盟」(Anti-Defamation League)によると、シャーロッツビル事件以来、白人至上主義者によって少なくとも73人が殺害されています。8月第1週には、テキサス州エルパソで1人の白人至上主義者が混雑したウォルマートで発砲し22人を殺害したばかりです。この事件は、ラティーノを標的にした、近代アメリカ史上最も多くの死者を出した攻撃と言われています。アメリカ大学の反人種主義研究政策センターの創設者兼代表で、新刊How to Be an Antiracist(『反人種主義者になる方法』)の著者であるイブラム・X・ケンディに話を聞きます。

  • 作家で大学教授のイブラム・X・ケンディに、彼の新刊How to Be an Antiracist(『反人種主義者になる方法』)について話を聞きます。ケンディに、科学的客観性を装って有色人種をあからさまに差別する知能テストの、人種差別に基づいた開発について話してもらいましょう。「反人種主義について語っていても、反人種主義になるべきだと多くの人の頭に浮かぶのは南部の人々です。彼らはトランプに投票した人たちのことを思うのです。黒人とラティーノの子供がニューヨーク市の一流校に入ることを妨害している、こうした知能テストの存続を推進している人たちのことは思い浮かばないでしょう」とケンディは指摘します。

  • 大学教授のイブラム・X・ケンディは、彼の新刊How to Be an Antiracist(『反人種主義者になる方法』)の中で読者に対し、「人種差別主義」と「人種差別主義ではない」という誤った枠組みを壊すよう求め、その代わりに反人種主義者になることの意味を提示しています。反人種主義とは、複数の人種集団を同じものと考え、人種的平等を創造する政策を推し進める考え方です。ケンディは「人種差別主義を単に原罪として語ることはできません。人種差別主義は特有のがんとして語らなければなりません。なぜならこの特有の病気はアメリカを殺してきたからです。」

Syndicate content