ハービーからひと月 メキシコ湾岸の大工場隣接住宅地域が直面する大規模な立ち退きと毒性汚染

米国の多くの地域が一連の破壊的なハリケーンから立ち直りつつありますが、メキシコ湾岸沿いの地域で最もひどい被害を受けたコミュニティのひとつからの近況報告で本日の番組を締めくくります。テキサス州ポートアーサーは、ハリケーン「ハービー」の間に浸水した、複数の大規模石油精製所に隣接する住宅地域です。9月第4週末、ポートアーサーにあるバレロ石油精製所での火災は約100万ポンド(約45キログラム)の排出物を大気中に放出し、住人たちは数時間家の中に閉じこもっていなければなりませんでした。一方、ポートアーサーにある3600エーカーのモティバ石油精製所は、すでに米国最大である同精製所の施設を総工費数十億ドルで拡大する計画を引き続き進めると述べています。この発表は、嵐の間に自宅が浸水し、住むところがなくなった数百人のポートアーサーの住人たちがテントで暮らし続ける中で行われました。環境正義活動家のヒルトン・ケリーに話を聞きます。彼は2011年、「緑のノーベル賞」といわれるゴールドマン環境賞をアフリカ系米国人として初めて受賞し歴史に名を残しました。彼は「パワーあるコミュニティと開発協会」(Community In-Power and Development Association)の代表で創設者です。彼のレストランと自宅は両方とも、ハリケーン「ハービー」の間に浸水しました。

最近のニュース

2020/1/24(金)

  • トランプは他にも戦争犯罪、暗殺、汚職の建議で弾劾することもできたと法学者
  • 国際司法裁判所がビルマ当局に対し、イスラム教徒のロヒンギャをジェノサイドから護るよう命令
  • 住宅危機を強調するため空いている物件を占拠したオークランドのママたちは予想外の勝利を祝う

2020/1/23(木)

  • 民主党の首席検察官役が上院で冒頭陳述を行う最中 トランプは証拠隠蔽を自慢する
  • 『新しい巨像』:ティム・ロビンズの新作劇 移民と外国人嫌悪の問題を取り上げる
  • ティム・ロビンズ:バーニー・サンダースがトランプに勝つためのベストな候補者だ
  • 新作映画『ダーク・ウォーターズ』:デュポン社と20年間戦い続けた弁護士の物語

2020/1/22(水)

  • 「アンドリュー・ジョンソンはまるでトランプのようだった」: トランプの弾劾裁判と1868年のジョンソン弾劾との共通点
  • 「上院が隠蔽に投票」:共和党の上院議員らトランプに加担し弾劾裁判を偏向
  • 拷問者が犠牲者たちに対面:CIA心理学者がグアンタナモ軍事法廷の審問で残忍な手法を擁護
  • 報道を犯罪に:グレン・グリーンウォルド ブラジルで汚職スキャンダルを暴露後、サイバー犯罪で告発される

2020/1/21(火)

  • 見世物裁判? トランプの弾劾裁判が始まり 隠蔽工作で非難されるミッチ・マコネル
  • 投票権擁護者 「トランプの弾劾は私たちの選挙と民主主義を守るために必要」
  • アメリカ国立公文書 2017年のウィメンズマーチの写真を改ざんしトランプ批判メッセージをぼやかす
  • グレタ・ トゥーンベリがダボスで世界の指導者たちに演説 「私たちの家は今も燃えている」

2020/1/20(月)

  • 特別番組:マーチン・ルーサー・キング・ジュニア 彼自身の言葉