ワシントン大行進とキング師の最も有名な演説から50年 語られざる歴史

雇用と自由のためのワシントン大行進が行われたのは1963年です。その50周年まであと1週間ですが、数日後の今週土曜24日にはこれを記念した大規模なマーチが予定されています。この時間は、これまで忘れられてきた歴史を掘り起こしてみることにします。1963年8月28日、25万人以上がアフリカ系アメリカ人の直面する差別と失業と経済的不平等に抗議してこの国の首都に結集しました。今では多くの人々がこの大行進を公民権運動における重要な転換点だったと認めています。この大行進の背景にある、語られることのなかった歴史を振り返り、マーティン・ルーサー・キング師の有名な「私には夢がある」の演説が、彼の政治的遺産と同様、多くの人に誤って理解されたままになっていることについて考えます。「あの演説と大行進の理解のされ方は、星条旗にくるみ込むようなものです。数あるアメリカ精神の具現の一例として見られているようですが、実際には、あれは大規模な、多人種による反体制行動だったのです」と言うのは The Speech: The Story Behind Dr. Martin Luther King Jr.'s Dream (『あの演説:マーティン・ルーサー・キング師の「夢」の背後にあった物語』)の著者ゲーリー・ヤングです。「当時の権力者たちは心底これ(大行進)をやらせたくなかった。大行進に対して警察は軍事作戦さながらの取り締まりを行ったのです」。 The March on Washington: Jobs, Freedom, and the Forgotten History of Civil Rights (『ワシントン大行進:職、自由、そして公民権の忘れられた歴史』)の著者で歴史家のウィリアム・P・ジョーンズにも話を聞きます。「これは国民世論の方向転換に本当に計り知れない影響を与えました。公民権運動の内部でさえも変わりました。人種平等と経済的正義との関係に焦点が当たるようになったのです」とジョーンズは言います。

最近のニュース

2020/11/24(火)

  • フアン・ゴンザレスが振り返るニューヨーク市唯一の黒人市長デビッド・ディンキンズとビスケス島の活動家カルロス・“タソ”・ゼノン
  • 全米で飢餓が急増する中 世界中の飢餓も引き起こしている米国の貿易と外交政策
  • 賭博? タイソン・フーズ社の管理者たちが何人の労働者がCOVIDに感染するかを賭け 擁護団体は恐ろしいパターンと指摘
  • 2020年がトランス殺害で恐ろしい記録を更新 支援運動家たちが求める包括的で明るいメディアの報道

2020/11/23(月)

  • トランプの訴えは「フランケンシュタインの怪物」 選挙結果を覆そうとするトランプ・チームの企てを裁判官が酷評
  • 全米黒人地位向上協会デトロイト支部代表 選挙結果を覆そうとするトランプについて「他国ならクーデターと呼ばれるだろう」
  • 人々のためのワクチン? 公的資金による研究で作られた新型コロナワクチンで儲けようとする製薬企業

2020/11/20(金)

  • 「バイデンは強気でやれ」 オカシオコルテスやコーリー・ブッシュが民主党全国委員会前の気候抗議で熱弁
  • アストラ・テイラー: バイデンは就任初日に学生ローンの債務取り消しが可能だし 運動がそれをさせねばならない
  • アストラ・テイラー: トランプが選挙を盗もうとする中、この「非常に非民主的な」制度の改革が必要
  • 「市民社会に大きな打撃」 エジプトで最新の弾圧 代表的な人権監視活動家を逮捕

2020/11/19(木)

  • クリスマス前の死:COVID-19による死者が25万人を超えた米国 医療従事者は休暇シーズンでの増加に備える
  • トランプの「イランへの多面的攻撃」は 新たな制裁と爆撃も視野に
  • バイデンが製薬や化石燃料企業と深い関係をもつ人物を政権上層部に指名 進歩派は「企業からの影響を受けない組閣」を求める

2020/11/18(水)

  • 新型コロナ感染による死者数が急増のエルパソ、病院も移動式遺体安置車も満杯で限界に
  • ノースダコタ州は新型コロナ感染による死者率が世界最高に。先住民コミュニティは州の感染対策を激しく非難
  • この選挙を、見過ごすわけにはいかなかった:先住民の有権者がトランプを打ち負かし、バイデンの勝利を後押し