ワシントン大行進とキング師の最も有名な演説から50年 語られざる歴史

雇用と自由のためのワシントン大行進が行われたのは1963年です。その50周年まであと1週間ですが、数日後の今週土曜24日にはこれを記念した大規模なマーチが予定されています。この時間は、これまで忘れられてきた歴史を掘り起こしてみることにします。1963年8月28日、25万人以上がアフリカ系アメリカ人の直面する差別と失業と経済的不平等に抗議してこの国の首都に結集しました。今では多くの人々がこの大行進を公民権運動における重要な転換点だったと認めています。この大行進の背景にある、語られることのなかった歴史を振り返り、マーティン・ルーサー・キング師の有名な「私には夢がある」の演説が、彼の政治的遺産と同様、多くの人に誤って理解されたままになっていることについて考えます。「あの演説と大行進の理解のされ方は、星条旗にくるみ込むようなものです。数あるアメリカ精神の具現の一例として見られているようですが、実際には、あれは大規模な、多人種による反体制行動だったのです」と言うのは The Speech: The Story Behind Dr. Martin Luther King Jr.'s Dream (『あの演説:マーティン・ルーサー・キング師の「夢」の背後にあった物語』)の著者ゲーリー・ヤングです。「当時の権力者たちは心底これ(大行進)をやらせたくなかった。大行進に対して警察は軍事作戦さながらの取り締まりを行ったのです」。 The March on Washington: Jobs, Freedom, and the Forgotten History of Civil Rights (『ワシントン大行進:職、自由、そして公民権の忘れられた歴史』)の著者で歴史家のウィリアム・P・ジョーンズにも話を聞きます。「これは国民世論の方向転換に本当に計り知れない影響を与えました。公民権運動の内部でさえも変わりました。人種平等と経済的正義との関係に焦点が当たるようになったのです」とジョーンズは言います。

最近のニュース

2020/7/10(金)

  • ブラジルの疫学者 ボルソナロのCOVIDの対応を非難
  • 最高裁はトランプ大統領の完全免責を否定するも納税申告書の選挙前開示は絶望的
  • 「絶対恐怖の家」メアリー・トランプの本はトランプ一族がソシオパスを育てた経緯を明らかに
  • 「過去半世紀でもっとも重要な先住民関連の判決」 最高裁はオクラホマ州における部族主権を肯定

2020/7/9(木)

  • バイアグラには「イエス」避妊には「ノー」 米最高裁 トランプ政権の主張を支持しオバマケアで義務化された避妊手段の無料提供に制限をかける
  • 次のパンデミックを阻止する方法:疫病の大流行は気候変動危機と農業の工業化と関連性があると国連報告書
  • ベルギーの王女 コンゴにおけるベルギー王家の残酷な植民地支配の過去を非難 賠償金支払いを呼びかける

2020/7/8(水)

  • 米移民税関捜査局、パンデミック対策で授業が完全にオンライン化した場合、留学生の強制送還もあると発表
  • ニューヨーク市の二の舞?新型コロナウイルス感染者の「驚異的」な増加と格闘するテキサス州ヒューストンの医療従事者
  • 新型コロナウイルが浮き彫りにする「人種間における健康の大きな不平等」 最も差別をうけているのが黒人、ラティーノ、先住民

2020/7/7(火)

  • 「実現した夢」:スタンディングロック居留区の長老 何年も反対してきたダコタ・アクセス・パイプラインの閉鎖命令を歓迎
  • 黒人と先住民の団体はどのようにアトランティック・コースト・パイプラインの中止を勝ち取ったか
  • 彼らは私たちの健康には関心がない」:COVIDが拡大するオタイー・メサの移民・関税執行局留置所でハンストをする収容者が証言

2020/7/6(月)

  • 「私たちはトランプを招待していない」:トランプがラシュモア山でおこなった祝賀行事は先住民の主権の侵害
  • 先住民の歴史学者が語る 像の引き倒し スポーツの差別的チーム名 先住民の国における新型コロナウイルス
  • エジプト人活動家ライラ・スウェイフ 自身の子どもの投獄、独裁との闘いを語る