連続イベントII-2 上映とトーク    日本の原発輸出がインドの人々にもたらすもの


日本は、アメリカにならってインドとの「例外的な」原子力協定を締結しようとしています。今やグローバル経済の一商品となった原発の輸出は当然のこと、「経済ありきで何が悪い」という発想でしょうか。原子炉製造技術を持つ日本企業にとっては喜ばしい話です。万が一日本国内がほんとうに脱原発になる日が来ようとも、親方日の丸の輸出産業として海外でうまくやることができれば天下泰平です。そうすれば現在の日本の原子力産業が世界の最先端をいく特殊技術もすたれさせずに温存できます。
 ところがこの原発という商品はただの商品ではありません。核保有国になれるという忌まわしい特典がついています。核を正当化せず悲惨さを訴える先導役としての日本の役割は、もはや「経済利益」の影に雲散霧消してしまったのでしょうか。それともそれはもともと幻想にすぎなかったのでしょうか。
 インドでは、グローバル企業によって大規模な資源の開発が進められていますが、その背後で起きている問題について日本ではあまり大きく報じられることもありません。どこかで聞いたことのある「テロとの戦い」をインド政府が自国民に対して行っていることも・・・
 インドにおける原発の「真のコスト」はどれほどになるのでしょうか。私たちの名の下に原発が輸出された場合、インドの人々には何がもたらされるのでしょうか。

 日時:2011 年9月24 日(土)13 時30分~ 16 時(開場13 時) 
    会場費:500 円
 場所:日本キリスト教会館4F 会議室 東京都新宿区西早稲田2-3-18

        地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩5 分
 上映:「バンダナ・シバとモード・バーロウ 母なる大地の権利を語る」  (デモクラシーナウ DVD より)
 講演:福永正明さん  「 大国インドと日印原子力協定~電力をめぐる人びとのたたかい~」
主催:デモクラシー・ナウ!ジャパン http://democracynow.jp
  お問い合わせ:03-3207-1273(TEL/FAX)  event110924☆democracynow.jp(☆は@に)

会場の都合で、事前にお申し込みいただけるとたいへん助かります。
お申込みは上記メールアドレスもしくはFAXへ

チラシはここからダウンロード

 **************** ゲスト紹介
福永正明: 岐阜女子大学南アジア研究センター センター長補佐・客員教授。日本のインド、南アジア地域の専門家。南アジア地域の動向分析と国際関係、インド社会構造、ヒンドゥー教の聖地を専門とする。北インドにある国立バナーラス・ヒンドゥー大学大学院社会学研究科にて博士号取得。近年はインドによる原子力問題について積極的に発言。2008年には米印原子力協力について反対を表明。2010年の6月以来、日印原子力協力協定の締結交渉に反対を論じている。

アジアを中心とする国際関係、社会情勢について、朝日新聞、時事通信、共同通信、世界(月刊・岩波書店)、『時事Janet』(週刊・時事通信社)など各種メディアにおいて解説と評論を発表。南アジア各種メディアにおいても多数の論考を発表。インドの日刊紙The SANMARGの日本特派員。社団法人日本外国特派員協会正会員。著書はSociety, Caste, and Factional Politics : Conflict and Continuity in Rural India (Manohar Book Service, New Delhi INDIA, 1993) など。

 **************** イベントプログラム
   13:00 開場
   13:30 上映 デモクラシー・ナウ!
    「バンダナ・シバとモード・バーロウ 母なる大地の権利を語る」
   14:10 講演 福永正明さん 
    「大国インドと日印原子力協定 ~電力をめぐる人びとのたたかい~」
   15:10 質疑応答  
   16:00 終了予定 

☆ 当日は会場でデモクラシー・ナウ! DVD 第19巻「巨大市場インド」を特別価格2000 円で販売します