« 前  

2016年8月25日(木)

  次 »
  • ヒラリー・クリントン候補およびクリントン財団に対する新たな疑惑が発生しました。8月23日にAP通信が発表した新たな調査報道によれば、ヒラリー・クリントンが国務長官だった時期に、彼女と会見した民間人の半数以上がクリントン財団へ寄付をしていたということです。AP通信の調査報道は、同社が国務省の過去のスケジュール表の開示を求めて、3年以上にわたり奮闘した後に発表されたものです。同記事の分析によれば、国務長官時代のヒラリー・クリントンが電話または対面で会見を予定した154人中、少なくとも85人はクリントン財団への寄付者でした。これらの会見数には米国または外国政府関係者や代表は含まれておらず、民間人との会見のみの数字です。インターナショナル・ビジネス・タイムス紙のディビッド・シロタ記者と、ワシントン・マンスリー誌のポール・グラストリス編集長に話を聞きます。グラストリスは、1998年から2001年までビル・クリントン元大統領の首席スピーチライターでした

  • ウォールストリート・ジャーナル紙の新たな記事によれば、ヒラリー・クリントンが大統領選で勝利した場合、クリントン・ヘルス・アクセス・イニシアティブ(Clinton Health Access Initiative)財団は例外となる可能性があるものの、クリントン財団は企業および海外からの寄付受付を停止する予定だということです。同紙は、ビル・クリントン元大統領は同財団の理事を辞任の方針である一方、娘のチェルシー・クリントンは財団に残る予定だと報じています。しかし一部には、ヒラリー・クリントンが当選した場合、同財団は完全に閉鎖するべきだという声もあります。インターナショナル・ビジネス・タイムス紙の調査報道部上級記者のデヴィッド・シロタ記者に話を聞きます。シロタの最新記事は"Pay to Play' at the Clinton Foundation?(クリントン財団の「会見するなら支払え」システム?)です。ワシントン・マンスリー誌のポール・グラストリス編集長にも話を聞きます。グラストリスは、1998年から2001年までビル・クリントン元大統領の首席スピーチライターでした。

  • バーニー・サンダース上院議員とその支持者たちは、「私たちの革命」(Our Revolution)という名の新たな政治組織を立ちあげました。同組織は次世代の進歩主義指導者の育成とともに、進歩主義的改革を目指す数百万人に力を与え米国全体の政治意識の向上を目指します。8月24日夜には全米2600箇所以上で、サンダース議員の新組織発足の挨拶を観覧する会が開かれました。しかしサンダース・チーム内では政治的騒動があったという報道もあり、週末には主要スタッフ8人が、新組織の指揮と法的体制を巡る争いのため突然辞任しました。「私たちの革命」理事長に就任予定のラリー・コーエンと、バーニー・サンダース大統領選選挙事務所の元オンライン組織部長で、「私たちの革命」組織部長を辞任したクレア・サンドバークに話を聞きます。

Syndicate content