« 前  

2016年4月27日(水)

  次 »
  • 26日はドナルド・トランプとヒラリー・クリントンにとって、またもや至福の夜になりました。共和党大統領予備選ではトランプがペンシルバニア、メリーランド、コネチカット、ロードアイランド、デラウェアの 5 州全てで勝利しました。各州での得票率は、最低でも 54 パーセントに達し、代議員数の大半を獲得しました。ジョン・ケーシックが 4 州で 2 位につき、テッド・クルーズは残り 1 州で 2 位になりました。民主党予備選では、ヒラリー・クリントンがペンシルバニア、メリーランド、デラウェア、コネチカットでバーニー・サンダースに勝ち、サンダースはロードアイランドで勝利しました。本日はニューメキシコで 4 人のゲストが、「指名確実候補」と豪語するにいたっているトランプの勢いについて論じます。共和党員でニューメキシコ州議会上院議員のスー・ウィルソン・ベフォートは、どの大統領候補を支援するか表明していませんが、「メキシコから銃が流入している」と語り、「抜け穴だらけ」の国境に関するトランプの懸念に共感しています。前ニューメキシコ州副知事のダイアン・デニッシュは「そんなのは口からでまかせだ」と反論します。デニッシュは大統領候補としてクリントンを推しており、「ニューメキシコは、2年後の米国像。ニューメキシコ州ではマイノリティが過半数を占めています。ドナルド・トランプは人々に恐怖を植え込み、国境の向こうからやって来る人々は殺人者で強姦者だと言いますが、事実に反している」と言います。もう一人のゲストで前ニューメキシコ州知事のガリー・ジョンソンは2012 年にリバタリアン党大統領候補に指名された人物で、今回の大統領選でもリバタリアン党から立候補していています。 1995 年から 2003 年までの 2 期間ニューメキシコ州知事を務めた時には、共和党員でした。民主党のニューメキシコ州議会上院議員で、バーニー・サンダーズ支援を表明しているジェリー・オルティス・イ・ピーノも討論に参加します。

  • ニューメキシコ州アルバカーキに来ています。同州の共和党知事を 2 期務めたギャリー・ジョンソンが、なぜ現在、リバタリアン党から大統領選に出馬しているのか、聞きます。今年の選挙で、全米 50 州でただ一人の第三政党候補者になる可能性もあります。ジョンソンは、 2012 年の大統領選でもリバタリアン党の指名候補でしたが、同年の大統領選討論会から排除されました。現在、大統領選討論会委員会に対して訴訟を起こしています。ジョンソンは自らの綱領を述べ、「他人に悪い影響を及ぼさない限り、人はそれぞれの人生でさまざまな選択肢をもてるべきだ」と語ります。また、中絶の権利を擁護し、多数の生命を奪い「予期せぬ結果」をもたらす軍事介入と無人機攻撃を批判します。

  • 6 月に大統領選予備選が行われるニューメキシコ州に来ています。4 人のゲストによる 2016 年大統領選に関する討論を続けます。現在選挙戦に生き残っている 5 人の候補者の主要な見解はなにか、さらに 11 月の大統領選で無党派有権者がどんな役割を果たすことになるか、論じます。ゲストは、ニューメキシコ州議会の2人の上院議員ジェリー・オルティス・イ・ピーノ(民主党)とスー・ウィルソン・ベフォート(共和党)、前ニューメキシコ州副知事のダイアン・デニッシュ、そして前ニューメキシコ州知事で 2016 年大統領選でリバタリアン党候補のギャリー・ジョンソンです。

Syndicate content