« 前  

2014年6月5日(木)

  次 »
  • 米陸軍軍曹ボウ・バーグダールとタリバン幹部5名の捕虜交換をめぐる反発が広がりをみせています。バーグダールの故郷アイダホ州ヘイリーでは、安全に問題があるとして、町で予定していたバーグダール解放の祝賀会を中止しました。ここ数日間のあいだ、ヘイリー市役所および、同市の地元組織には、バーグダール支援に対する怒りの電話とメールが大量に届いています。バーグダールは2009年に、アフガニスタンの米軍前哨基地を離れてまもなくタリバンの捕虜となりました。バーグダールの仲間の兵士のなかには、彼を脱走兵と呼ぶ者もいます。彼らはまた、バーグダール捜索中に、少なくとも6名の兵士が命を落としたと主張しますが、米国防総省はこれを否定しています。バーグダールを巡る論争と、アイダホの地元に及ぼす影響について、ブレイン郡政委員ラリー・ショーンに話を聞きます。

  • オバマ政権は、米兵ボウ・バーグダールに対しタリバン幹部5人を解放するとした捕虜交換をめぐる議会の反発を押さえ込もうとしています。6月4日、諜報機幹部と軍関係者は、米上院全体に対し非公開のブリーフィングを行い、健康状態が悪化したバーグダールの最近のビデオを見せました。政府はこのビデオからバーグダールに命の危険のおそれがあると判断したため、彼の身柄解放への動きを早めたとしています。この取引に反対している側は、政府が議会に適切な通知を行わなかったとし、また、米軍兵士の拘束を助長することで米国市民の命を危険に晒した可能性があると主張しています。こうした批判は、バーグダールがアフガニスタン戦争に反対すようになり、そのために基地を離れた可能性があるという報道が右派メディアを通し広まったことで、爆発に増えました。「戦争に反対するイラク戦争退役軍人」(Iraq Veterans Against the War)の一員で、2003~09年までアフガニスタンで従軍したブロック・マッキントッシュに話を聞きます。マッキントッシュは良心的兵役拒否者地位を申請し、2014年5月に除隊となりました。

  • シアトルでは今週、全米の大都市としては最高額で、連邦最低賃金の2倍以上となる最低賃金15ドルの歴史的法案を通過させました。今回の引き上げは、段階的に施行されます。在シアトルの企業はその規模により、実行まで3~7年の期間が与えられます。この計画には企業にとっての抜け道がいくつかあり、社会主義者としては1世紀ぶりに同市の市議会議員に選出されたクシャマ・サワントは、最後の瞬間までその点について争いました。サワントは2013年の市議会議員選で、最低賃金15ドルへの引き上げを公約に掲げました。サワントにシアトルより話を聞きます。

  • 6月第1週に発表された新たな環境保護規制は、米政府による地球温暖化の原因となる排出ガス抑制努力としてはこれまでで最も広範囲にわたるものとされています。米環境保護庁 (EPA)は、2030年までに、石炭火力発電所での温室効果ガス排出を2005年レベルから30パーセント削減することを目標に掲げています。しかし多くの環境保護活動家は、米国に温室効果ガス削減へ向けたもっと踏み込んだ行動を求めています。英ガーディアン紙の報道によればEPAの同計画下ではウエストバージニア州、ケンタッキー州、オハイオ州などの石炭消費量の最も多い州では、排出量の現在レベルの維持ないし、増加も許されているとしています。一方、欧州連合は、地球の気温の摂氏2度以上の上昇を食い止めるために、米国は「更に努力すべき」だと主張します。政策研究所(Institute for Policy Studies)の「気候政策プログラム」(Climate Policy Program)部長ジャネット・レッドマンに話を聞きます。

Syndicate content