« 前  

2011年2月3日(木)

  次 »
  • カイロ時間で3日の夜明け直前、過去10日間反ムバラクデモがくりひろげられてきたタハリール広場で、政府支持勢力が発砲しました。 襲撃開始の数分後、デモクラシー・ナウ!は、タハリール広場内でデモに参加しているモナ・エル・セイフとセルマ・タルジに話を聞きました。

  • 民主主義支持の民衆がムバラク勢力の暴力に立ち向かう中、エジプト人たちがホスニ・ムバラク大統領の追放を断固として叫びながらカイロの街頭占拠を続けています。 デモクラシー・ナウ!のシニア・プロデューサーのシャリフ・アブドゥル・クドゥースが、民主主義支持の活動家たちによって民主主義のための「闘争の最前線」として固守されている10月6日橋の様子を屋上からレポートします。

  • 2日、カリフォルニア大学デイビス校のノハ・ラドワン教授は、カイロのスタジオで、デモクラシー・ナウ!の取材を受けました。 インタビュー終了直後に、教授は街頭で襲撃を受けました。 「群衆に襲われ、ムバラク支持の暴漢に殴られ、半殺しの目にあいました。悪漢たちは、大喜びで私のネックレスをもぎ取り、シャツを切り裂きました」とラドワン教授は語りました。 番組では、3日、電話で再度インタビューを行い、何が起きたのか聞きました。

  • 人権活動家のホッサム・バーガトの報告によると、エジプト軍は、民主主義支持デモ参加者に対する法律的な保護活動の本拠地であるカイロのダウンタウンのヒシャム・ムバラク法律センターのオフィスの強制捜査を行いました。 バーガトの話では、軍はタハリール広場を閉鎖し、広場に入ろうとする人々を検問所で追い返しています。 「現時点で最も危険な兆候は、初めて軍自らが、外国人ジャーナリストとエジプト国内外の人権擁護組織を標的にしようとしていることです」とバーガトはいいます。 「タハリール広場に近づけないとなると、いまにも最悪の事態が起きはしないかと心配です。軍部が外部の世界の人々に目撃させたくない何かが、起きているのではないか、と」。

  • 著名な中東ジャーナリストが、カイロから、歴史的な蜂起、そしてオバマ大統領が中東での民主主義運動を支援する機会をいかにして失ったかを語ります。★ 字幕動画はこちら

  • エジプトで暴力的衝突が続く カイロからの最新報告によると、7人のデモ参加者が殺害され、1000人以上が負傷しました。ムバラク支持の煽動者たちの多くは、覆面の治安部隊であるとみられています。蜂起の震源地であるタハリール広場では、数千人のエジプト人たちが非暴力の抵抗を続けています。デモクラシー・ナウ! のシニアプロデューサーのシャリフ・アブドゥル・クドゥースが10月6日橋近くの屋上から生放送でレポートします。2日からタハリール広場内にいる活動家のモナ・エル・セイフからも話を聞きましょう。

Syndicate content