米国が南米最貧国への気候対策援助を削減する理由

10分
Real動画の再生にはリアルプレーヤー(無料版)が必要です。こちらからインストールしてください(windows版mac版
放送日: 
2010/4/21(水)

オバマ政権は昨年11月のCOP15で、コペンハーゲン協定への署名を拒んだ国には気候対策資金援助をみなおすと脅しましたが、そのうち少なくとも2カ国──ポリビア(300万ドル)とエクアドル(250万ドル)──の支援を中断したことを国務省は認めました。しかしボリビアでは気候変動によって氷河が溶け出し、大規模な干ばつ被害も出ています。ボリビアの気候問題交渉担当主任アンヘリカ・ナバロが、昨年のコペンハーゲン会議の失敗と、その後の展開、ボリビアの気候被害の現状などについて語ります。

気候変動の被害をまっさきに受ける中南米の最貧国ボリビア、援助を人質にとって貧国を脅し従来の国際合意をくつがえす密室協定への署名を迫る米国。一握りの国々だけの強引な取り決めで逃げようとする先進国に対して、途上国が要求する「気候債務」の返済とは?。

ゲスト

*アンヘリカ・ナバロ(Angelica Navarro) 気候変動問題ボリビア交渉担当主任

字幕翻訳:関房江/校正・全体監修:中野真紀子・付天斉

Share this