ガザ解放船がキプロスを出航 イスラエルの封鎖を破れ!

11分
Real動画の再生にはリアルプレーヤー(無料版)が必要です。こちらからインストールしてください(windows版mac版
放送日: 
2008/8/22(金)

漁船を改造した2隻の船が今日キプロスを出ました。目的地はガザです。イスラエルの封鎖に抗議し、ガザ解放を世界に訴えるため、17カ国から集まった40人以上の人々が乗り込んでいます。イスラエルは、ガザからは撤退したといいながら、国際赤十字や人道団体援助の立ち入りさえ許さない非人道的な封鎖をつづけているからです。イスラエルは彼等を海賊とよび、ガザに近づけば実力で阻止すると宣言しました。

リバティ号とフリーガザ号の船上から3人の活動家の話を聞きました。フワイダ・アラーフは国際連帯運動(ISM)の共同創設者、ローレン・ブースはジャーナリストで前英国首相トニー・ブレアの義理の妹、ジェフ・ハルパーはイスラエルの人類学者で住宅取り壊しに反対するイスラエル委員会のメンバーです。(中野: この航海は無事成功し、この後も数回の航海が行われています)

ゲスト

* フワイダ・アラーフ (Huwaida Arraf) リバティ号に乗船した人権活動家の1人。パレスチナ占領に反対する非暴力主義の国際連帯運動(ISM)の共同創始者。エルサレムのアル=クドゥス大学で人権法を教えている。

* ローレン・ブース(Lauren Booth)ガザ解放船に乗船した英国人ジャーナリスト。トニー・ブレア前英国首相の義理の妹。

* ジェフ・ハルパー(Jeff Halper) ガザ解放船に乗船したイスラエル人活動家、人類学者。住居取り壊しに反対するイスラエル委員会の世話人。

字幕翻訳:玉川千絵子/校正:桜井まり子
全体監修:中野真紀子

Share this
トラックバックURL - http://democracynow.jp/trackback/245