« 前  

2020年9月25日(金)

  次 »
  • 【20/09/25/1】トランプ大統領は、11月に迫る選挙の結果を受け入れると約束するのを拒んでいます。ピュリツァー賞を受賞したジャーナリストのバートン・ゲルマンは、『アトランティック』の最新号に載せた記事で、トランプが選挙結果をひっくり返し、ジョー・バイデンに負けた場合でも権力を手放さない可能性があると、その方法について考えています。「トランプの戦略は絶対に敗北を認めないことです。彼は勝つかもしれないし、負けるかもしれない。でも、どんな状況になっても選挙に負けたとは認めることはしないでしょう」とゲルマン記者は言います。「これは大きな問題です。というのも現在の制度には、候補者に敗北宣言を強制する仕組みが実はないのです。でも、敗北宣言こそが、選挙を終わらせるこれまでの方法だったのです」。

  • 【20/09/25/2】バーモント州選出のバーニー・サンダース上院議員は演説で、トランプ大統領が11月の選挙後に平和的な権力移譲を約束しないことの脅威について、きびしい警告を発しています。トランプ大統領は、ここ数カ月にわたり、民主党が投票不正や選挙選挙の不正操作を行っているという偽りの主張をしてきましたが、最近になって、負けても敗北を認めない可能性を示唆することにより、選挙結果の信用を毀損する努力を強めています。「これはドナルド・トランプと民主主義が争われる選挙です。民主主義が勝たねばなりません」と、サンダース上院議員は言いました。演説の抜粋を放送します

  • 【20/09/25/3】エピスコパル教会(米国聖公会)を率いる初のアフリカ系ア米国人、マイケル・カレー総裁主教に、構造的な人種差別と「黒人の命も大切」(BLM)運動、2020年の選挙、トランプ大統領が信仰を政治の小道具として利用していることについて話を聞きました。「教会は党派的に政治利用されてはならない。キリスト教の信仰は売り物ではありません」とカレー総裁主教は言います。カレー総裁主教の最新の著書は「愛こそが道である:困難な時代に希望を持ち続けること」。

Syndicate content