« 前  

2019年9月24日(火)

  次 »
  • 世界中の多くの首脳が9月23日、国連気候行動サミットのためにニューヨークに集まりました。しかし、世界で最も多く二酸化炭素ガスを排出する国々は気候危機に取り組む新たな対策をほとんど発表しまんでした。トランプ大統領とマイク・ペンス副大統領はこのサミットに一時的に出席しましたが、わずか14分で会場を去りました。16歳のスウェーデンの気候活動家グレタ・トゥーンベリはサミット開始時、各国首脳に対し、気候危機に対して彼らが何もしないことを明確に指摘する熱のこもった演説を行いました。「人々は苦しんでいます。人々は死んでいます。生態系全体が崩壊しています」と、グレタは述べました。「私たちの種としての絶滅が始まろうとしているのに、あなたたちが話すことといえばお金のことと終わることのない経済成長というおとぎ話だけ。よくもそんなことができますね!」

  • 世界中の若い気候活動家たちも9月23日、国連気候活動サミットに出席し、彼らが国連子どもの権利委員会に提訴した画期的で新しい気候申し立てについてユニセフ(国連児童基金)で演説しました。アルゼンチン、ブラジル、ドイツ、マーシャル諸島を含む国々からやってきた若者代表たちは、気候危機について活動せざるを得ないと彼らが感じる理由について語りました。こうした若い気候活動家たちの中には、ニューヨークのアレクサンドリア・ビラセニョールとスウェーデンのグレタ・トゥーンベリもいました。

  • ブラジルの先住民の指導者のグループが、アマゾンの熱帯雨林を農業関連産業と伐採、採鉱に開放することを推し進めるブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領に抗議するためにニューヨークにやってきました。デモクラシー・ナウ!のネルミーン・シェイフクは9月23日、国連気候活動サミットの会場の外でカヤポ族の長老ラオーニ・メトゥティレに最近の破壊的な火災発生を含むアマゾンの状況について話を聞きました。このインタビューのあと、ラオニ長老は国連サミットの会場に入ろうとしましたが、数十人の活動家たちの支援にも関わらず、彼は入場させてもらえませんでした。彼は2020年のノーベル平和賞候補です。

  • 著名な作家タナハシ・コーツの初小説The Water Dancer(『ウォーター・ダンサー』)が9月24日に出版されました。19世紀のバージニア州で奴隷として生まれたハイラム・ウォーカーという名の男性を中心に描くこの小説は、ニューヨークタイムズ紙の書評によると「早い展開と、ときには神秘的な語り口の娯楽作」です。タナハシ・コーツは過去10年の間に、米国で最も著名な作家の1人になりました。彼は2014年、政府による奴隷の子孫たちへの賠償金を求める運動を再燃させた記事"The Case for Reparations"(『賠償請求の論拠』)を執筆しました。彼の2015年の著作で全米図書賞受賞の『世界と僕のあいだに』は、彼の思春期の息子に向けた手紙として書かれました。ニューヨークのスタジオでコーツに、『ウォーター・ダンサー』についてと、彼の初小説の中で人種と賠償を取り巻く「アメリカの神話を突き止め」ようとした試みについて話を聞きます。

Syndicate content