« 前  

2019年7月9日(火)

  次 »
  • 富豪のヘッジファンドマネージャー、ジェフリー・エプスタインが7月8日、性的人身売買と陰謀容疑でマンハッタンの連邦地裁に起訴されました。彼は2002年から2005年の間にマンハッタンとフロリダ州パームビーチの彼の自宅で数十人の未成年の少女たちを性的に暴行し人身売買した罪に問われています。ドナルド・トランプ大統領とビル・クリントンとも友人であるというエプスタインは無罪を主張しましたが、7月第3週に行われる保釈に関する審問まで収監されます。告発者の何人かが7月8日、マンハッタンの連邦地裁に姿を現しました。マイアミヘラルド紙は2018年11月、調査報道記者ジュリー・ブラウンの一連の記事を掲載しました。この記事はエプスタインの犯罪と、彼をかばったトランプ大統領政権の労働長官アレクサンダー・アコスタのような高い権力にある人物たちについて暴露したものです。10年以上の告発の末にエプスタインが逮捕されたことは、地方調査報道の偉業として称賛されています。マイアミヘラルド紙の調査上級編集者ケーシー・フランクに話を聞きます。

  • ブラジルでは、ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルバ前大統領の汚職事件で連邦検察官たちを支援したと見られる判事に対するインターセプト誌の調査を受けて政治危機が高まっています。ブラジルのボルソナロ大統領政権は7月8日、セルジオ・モロ法相が「個人的な問題に対処」するため7月15日から19日までの休職を認められたと発表しました。インターセプト誌が入手した法執行機関の当局者たちの携帯電話通話や他の漏えい情報は、「オペレーション・カー・ウォッシュ(洗車場作戦)」として知られる大規模な汚職事件を捜査していた当時の判事セルシオ・モロと他の検察官たちの間に継続的な協力関係があったことを示しています。ルーラ前大統領は2018年の大統領選挙の前哨戦で本命と見られていましたが、多くの人がでっち上げと呼ぶ汚職罪で刑務所に送られ、大統領選からの離脱を余儀なくされました。漏えい文書からは、検察官がルーラの有罪を真剣に疑っていたことも明らかになっています。ルーラの投獄により、極右で元軍人のジャイール・ボルソナロの大統領選勝利の道が開かれ、その後ボルソナロはセルジオ・モロ判事を法相に指名しました。モロ休職のニュースは、ブラジルの有力な保守系雑誌ベージャがインタセプト誌と協力して掲載した、「オペレーション・カー・ウォッシュ」におけるモロの疑わしい役割についての新たな暴露記事を受け、彼の辞任を求める声が高まる中で発表されました。ピュリッツァー賞受賞ジャーナリストでインターセプトの創立編集者の1人であるグレン・グリーンウォルドに話を聞きます。グリーンウォルドはこのスキャンルについて報道したことから殺害の脅迫を受け、政府によって捜査の対象とされるかも知れない事態となっています。

  • トランプ政権が「イラン核合意」を離脱する決定を下したことの影響は今も続いています。国際原子力機関(IAEA)は7月8日、イランが2015年の核合意で合意した上限を超えてウラン濃縮を再開したことを確認しました。イランは、欧州の核合意調印国が米国による制裁の影響を緩和する援助をしないなら、濃縮ウランの生産を増加し続けると脅しています。新しいシンクタンク「クインシー研究所」(Quincy Institute )の代表で、Losing an Enemy: Obama, Iran, and the Triumph of Diplomacy(『敵を失う:オバマ、イラン、そして外交の勝利』)の著者であるトリタ・パルシに話を聞きます。

Syndicate content