« 前  

2018年9月12日(水)

  次 »
  • カリフォルニアで気候変動にあおられて猛威をふるう山火事。山火事多発の季節は、年々、悪化の一途をたどっています。その内幕に迫り、増え続ける火災の最前線に立ちながら光があてられることのない男女の服役者消防士を取り上げます。同州で火災とたたかっている1万3千人の消防士のうち2500人以上が服役者です。通常の有給消防士は年平均7万4千ドルの給与と諸手当を得ますが、服役者は消火活動をしても時給1ドルを得るだけです。いくつかの推計によると、カルフォルニア州は山火事という同州最大の環境問題との戦いに服役者を使用することで年1億ドルもの節約をしています。デモクラシー・ナウ!は9日、サンフランシスコから約1時間の場所にあるデルタ・コンサベーション・キャンプの取材を行ないました。同キャンプには100人以上の男性受刑者が収容されています。ナパ郡のスネル火災での24時間シフトの作業から戻ってきたばかりの服役者消防士たちから話をききました。

  • カリフォルニアの服役者消防士の話を続けます。気候変動の影響で猛威をふるう火災と戦う女性に目をむけましょう。服役者消防士だったアミカ・モタと話します。消防士の任務に就いていた時の時給1ドルにも満たず、僅か53セントでした。現在は、サンフランシスコの「ヤング・ウイメンズ・フリーダム・センター(Young Women’s Freedom Center)」で服役者たちの社会復帰プログラムの責任者をつとめています。

  • サンフランシスコでは9月12日、カリフォルニア州知事ジェリー・ブラウンが主催する「グローバル・クライメット・アクション・サミット(Global Climate Action Summit)」に対抗して、「気候資本主義に反対して起ち上がろう会議(Rise Against Climate Capitalism conference)が開かれます。この会議では、気候変動と労働問題の活動家たちとの共通の諸目標に焦点があてられます。これが、衝撃的な新報告、「ダコタ・アクセスでの死:オイルや天然ガスのパイプライン建設という死の危険がはらむビジネスの調査」(Death on the Dakota Access: An Investigation Into the Deadly Business of Building Oil and Gas Pipelines)のテーマです。長年にわたり石油やエネルギー問題を報道して来たジャーナリスト、アントニア・ユハスからパシフィック・スタンダード誌に掲載されたこの新記事について詳しく聞きます。ダコタ・アクセス・パイプライン建設作業で二人の男性労働者が死亡しています。石油と天然ガスのブームのおかげで、我が国の中でも死の危険がとりわけ高い仕事が作りが作りだされています。

Syndicate content