« 前  

2017年3月15日(水)

  次 »
  • 14日にトランプ大統領の2005年度納税申告書の一部が公表されたことを受けて、大統領に対して、全ての納税申告書を発表せよとの声が高まっています。公開された納税申告書2ページ分を入手したデイビッド・ケイ・ジョンストンは、DCリポート(DCReport)の創立・編集人でピュリッツァー賞受賞歴のある調査報道ジャーナリストです。彼は14日のMSNBC局の「レイチェル・マドウ・ショー」に出演しました。2005年度納税申告書によると、トランプの収入は年間1億5千3百万ドル、一日あたり40万ドルで、連邦所得税3660万ドルを支払っていました。その多くは、「代替最低税(AMT)」と呼ばれるものでしたが、トランプは現在、ATMの廃止を望んでいます。15日朝トランプ大統領は「誰も聞いたことがない記者が、郵便箱をのぞいてみたら大統領の納税申告書が届いていた、なんて話を一体だれが信じる?@NBCニュース フェイクニュース」とツイートしました。キャスターのマドウもこのスクープをからかいましたが、14日に米政府は、この申告書類が本物であることを確認しました。トランプの2005年度納税記録の一部を入手した、ピュリッツァー賞受賞調査報道ジャーナリスト、デイビッド・ケイ・ジョンストンの話を聞きます。

  • ピュリッツァー賞受賞調査報道ジャーナリスト、DCリポートのデイビッド・ケイ・ジョンストンは、14日夜、MSNBC局「レイチェル・マドウ・ショー」に出演し、トランプ大統領の2005年度納税申告書の2ページを入手したと語りました。2005年の納税申告書によると、トランプは年間1億5千3百万ドル、一日あたり40万ドルの収入がありました。支払った連邦所得税は3660万ドルで、その多くは、「代替最低税」でしたが、トランプはその廃止を望んでいます。トランプの2005年度納税記録の一部を入手した、調査報道ジャーナリスト、デイビッド・ケイ・ジョンストンに話を聞きます。ジョンストンは、税法に関する報道で、ピュリッツァー賞を受賞しています。

  • 世界は「第二次大戦以降、最悪の人道危機に直面している」と、国連が警鐘を鳴らしています。ナイジェリア、ソマリア、南スーダン、イエメンでは 2千万近くの人々が、飢餓の危機にあります。国連は2月、南スーダンの一部が飢餓状態にあると宣言しました。今週初め、援助担当官らは、米国が支援するサウジアラビア主導の内戦と封鎖が飢餓を引き起こすのを防ぐのは、現在、時間との競争だと述べました。イエメン全人口の3分の2にあたる1900万人もの人々が援助を必要としていて、700万人以上が飢餓に直面しています。ノルウェー難民評議(Norwegian Refugee Council)の米国代表、 ジョエル・チャーニーに話を聞きます。

  • 国連は、世界が第二次大戦以降、最悪の人道危機に直面していると警告し、イエメン、ソマリア、ナイジェリア、南スーダンでの飢餓回避のため、7月までに44億ドルの追加の支援金を呼びかけるなか、トランプ政権は、国連への援助金の数十億ドルもの削減を企図しています。ノルウェー難民評議会の米国代表、 ジョエル・チャーニーに話を聞きます。

  • アーカンソー州は4月、10日間に8人の死刑執行を予定しています。州の全死刑囚人口のほぼ4分の1にあたります。3月初め、共和党の州知事エーサ・ハッチンソンは、4月17日から27日の間に、8人の死刑囚を処刑するよう4日間の日程を設けるという布告に署名しました。これは、米国近代史上、前例のない率となります。アーカンソー州では2005年以降、死刑に使用する注射薬の入手困難と、使用薬をめぐる訴訟のため、死刑執行は行われていませんでした。州によると、今回執行を急ぐのは、処刑に使用する鎮静薬ミダゾラムの使用期限が切れるためです。カリフォルニア大学バークレー校法学部の死刑クリニックの弁護士メーガン・マクラケンに話を聞きます。

Syndicate content