« 前  

2017年3月13日(月)

  次 »
  • 朴槿恵(パク・クネ)韓国前大統領は12日の日曜日、大統領公邸青瓦台を退去しソウル市南部にある私邸に戻りました。同国の憲法裁判所が贈収賄の容疑に関して朴氏の罷免を裁判官の全員一致で決定した2日後のことです。この判決は朴氏から、現職大統領に与えられる訴追免除の権利をはく奪し、朴氏は刑法違反の訴追に直面することになります。判決に至るまで、何カ月もの抗議運動がありました。朴氏の権力は、韓国議会が彼女の弾劾を圧倒的多数で可決した12月以来、すでに失墜していました。シカゴ大学ブルース・カミングス教授、「ウィメン・クロスDMZ」(Women Cross DMZ)の創設者であり、国際調整担当のクリスチーン・アンと話します。

  • 北朝鮮が2月に行った弾道ミサイル実験は国際的非難を巻き起こしました。この実験は国連安保理事会決議に違反したものでした。北朝鮮は、これは中距離弾道ミサイルの実験であり、成功したと発表しています。実験が行われたのは、トランプ大統領が2月の週末、フロリダ州パームビーチに所有するマララゴ・リゾートで安倍晋三首相と会食しているさなかでした。この実験が実施されたタイミングの重要性についてブルース・カミングス教授と話します。

  • 韓国の政治的混乱は、北朝鮮が数発の弾道ミサイル実験を実施してまもなくのことでした。トランプ政権は対抗措置として、ミサイル防衛システムを韓国に配備すると発表しました。一方、数十万人の韓国軍、米軍兵士が戦艦や戦闘機に守られながら、大規模な軍事演習を行っています。中国の王毅外相は先週、北朝鮮と米国は「衝突にむけて加速している列車のようだ」と警告しました。外相は双方に向けて緊張緩和を呼びかけました。シカゴ大学ブルース・カミングス教授、「ウィメン・クロスDMZ」(Women Cross DMZ)の創設者であり、国際調整担当のクリスチーン・アンと話します。

  • 米環境保護庁(EPA)のトップ官僚の一人が、トランプ政権による同庁の規模と任務の大幅な縮小案に抗議して辞職しました。ムスタファ・アリは1992年のEPA環境正義局設立に尽力し、共和・民主双方の政権下で任務を果たしてきました。先週まで彼は環境正義局のトップでした。EPA辞職後最初のインタビューです。

Syndicate content