« 前  

2016年10月6日(木)

  次 »
  • ハリケーン・マシューが米国の南東沿岸に接近し、フロリダ州、ジョージア州、ノースカロライナ州およびサウスカロライナ州で非常事態が宣言されしました。200万人以上に自宅からの避難勧告が出されています。記録破りの今回のハリケーンで、ハイチでは少なくとも26人、ドミニカ共和国では4人の死者が出ています。「マシュー」はまもなくバハマ諸島に上陸、フロリダ州に接近するにつれ勢力を増すと見られています。気象学者は「マシュー」が、2005年に米国に上陸した「ウィルマ」以来、最も強力なハリケーンになる可能性があると予想しています。海水温度の上昇はハリケーンが勢力を増す一因となるため、多くの科学者は「マシュー」の勢いが強まったのは気候変動のせいだと指摘しています。「マシュー」は既に、カリブ海諸国を直撃したカテゴリー4または5のハリケーンの中でも最も息が長いものとなっています。今回のハリケーンと気候変動について、ガーディアン紙の記者オリバー・ミルマンと、ペンシルベニア州立大学の著名な大気学者マイケル・マン教授に話を聞きます。マン教授の最新作は、政治風刺画家トム・トールズとの共著The Madhouse Effect: How Climate Change Denial Is Threatening Our Planet, Destroying Our Politics, and Driving Us Crazy(『マッドハウス効果――地球を脅やかし、政治をダメにし、人々を馬鹿げた方向に走らせる気候変動否定派』)です。マン教授はThe Hockey Stick and the Climate Wars: Dispatches from the Front Lines(『ホッケースティック曲線と気候戦争――最前線からの報告』)の著者でもあります。

  • このままでいくと2016年は記録開始以来、最も気温の高い年となる見込みですが、これまで行われた大統領および副大統領候補討論会では気候変動問題はほとんど話題にされてきませんでした。ドナルド・トランプのこれまでの気候変動否定発言を見ていきます。トランプは、気候変動は詐欺で作り話だと主張してきました。2012年には「地球温暖化説は、米製造業の競争力を削ぐために中国がでっちあげたものだ」とツイッターに投稿しています。ガーディアン紙の記者オリバー・ミルマンと、ペンシルベニア州立大学の特別教授(Distinguished Professor)であり大気科学者のマイケル・マンに話を聞きます。

  • 大統領選挙投票日まで5週間を切りましたが、最近スタートした衝撃的な新ドキュメンタリー・シリーズ、America Divided(『分裂する米国』)が米国内の不平等を検証します。同番組は有名人が記者として、教育、住宅、医療、労働環境、刑事司法、そして政治システムの分野で不平等の様々な側面を見ていきます。オスカー賞に輝くヒップホップ・アーティストのコモンは出身地シカゴに帰郷し、刑事司法の分野での格差を検証。女優のロザリオ・ドーソンがミシガン州フリントに出向き、人災から引き起こされた同市の飲料水危機の裏側を調査します。そして伝説的なテレビ・プロデューサーのノーマン・リアが、ニューヨーク市の貧困地域が高級化される「 ジェントリフィケーション現象」と立退き問題を調査し、住宅市場における人種差別を密かに調べ暴きます。画期的なこのシリーズについて、『分裂する米国』の制作者リック・ロウリー、ソリー・グラナスティン、そしてルシアン・リードに話を聞きます。

Syndicate content