« 前  

2016年5月16日(月)

  次 »
  • ニューヨーク・タイムズ紙は、オバマ大統領がほとんど知られていない重要な節目を超えたと報じました。ジョージ・W・ブッシュ、フランクリン・D・ルーズベルト、エイブラハム・リンカーンを上回る、米国史上最も長く戦争を行っている大統領となったのです。オバマ大統領はこれまで、少なくとも7カ国で軍事行動を行ってきました。イラク、アフガニスタン、リビア、シリア、パキスタン、イエメン、ソマリアです。4月には、特殊作戦部隊250人のシリア派兵を宣言し、米国のシリアでの正式な派兵規模を2倍近くに伸ばしました。世界に戦争が広まる中、昨年は、6000万人という記録的な数の人々が家を追われました。専門家は、地球温暖化の影響で難民危機がさらに悪化する可能性もあると警告します。またNASAが先週末に公表したデータによると、2016年はこのまま行くと、過去最高だった2015年を大きく上回り、これまでで最も気温の高い年となる見通しです。また米国やロシア、中国は小型核兵器の軍備競争に進みつつあり、新たな核軍拡がひっそりと始まっていると多くの人が危惧しています。このような複合的危機が、米国の投票者が新大統領を選ぼうとしている年に起きているのです。世界屈指の知識人の一人、ノーム・チョムスキーに話を聞きます。マサチューセッツ工科大学の名誉教授であるチョムスキーは、同大学でこれまで50年以上にわたって教えて来ました。新著はWho Rules the World?(『世界を支配するのは誰か』)です。

  • 世界的に知られた政治的反体制者のノーム・チョムスキーが、共和党大統領候補として指名を確実視されているトランプ候補について、その気候変動否定や軍拡路線に焦点を当てて語ります。「トランプが言っているのは、『地球温暖化の問題をできるだけ危険で切迫したものにしてやろう。種の破壊への道を進もう。俺たちがほかの人々すべてを破壊しているように。軍拡をどんどんエスカレートさせてやろう。同時に富裕層への大型減税によって財源を思いっきり減らしてやろう』ということです」とチョムスキーは語ります。「これを見れば、私たちが人類の歴史において驚くべき瞬間に立ち会っていることがわかります」

  • 世界的に知られた政治的反体制者のノーム・チョムスキーが、「ボイコット・投資撤退・制裁」(BDS)運動およびイスラエルに関して民主党大統領候補たちがどういう立場を取っているかを語ります。「ボイコットと制裁は、戦術として適切に用いられるなら非常に有意義だと言えます。そうした例はしばしばあります」とチョムスキーは言います。「ヒラリー・クリントンがこの戦術を恐れる理由は簡単です。夫のビル・クリントン並びにオバマに至るクリントンの後継者たちが取ってきた、イスラエルの暴力と侵略を支援する政策を揺るがしかねないからです」

  • 世界的に知られた政治的反体制者のノーム・チョムスキーは今年の大統領選で誰に投票するのでしょうか。「予備選ではバーニー・サンダースの方を支持します」とチョムスキーは語ります。「クリントンが指名され、トランプとの二者選択となった時、勝敗を左右する『スイング・ステイト』(激戦州)に私がいたとしたら、トランプに反対するための票を入れます。簡単な計算です。鼻をつまんででも民主党候補に投票するということです。理性的な選択がほかにあるとは思えません」

Syndicate content