« 前  

2016年3月21日(月)

  次 »
  • オバマ大統領がキューバに到着し3日間にわたる訪問が始まりました。現職大統領がキューバを訪れるのは88年ぶりです。オバマは現地時間の21日朝、ハバナの革命宮殿でキューバの国家評議会議長ラウル・カストロと会談する予定です。両国の国交は回復されましたが、未解決の問題は山積みです。54年間続いてきたキューバ禁輸措置は現在も続いており、米国はキューバのグアンタナモ湾にある海軍基地と軍収容所の撤収も拒否しています。ラウル・カストロは2015年、米政権がグアンタナモをキューバに返還するまでは米国との国交正常化はありえないと述べています。キューバから元キューバ外交官のカルロス・アルスガライ・トレト、首都ワシントンから「国家安全保障アーカイブ」(the National Security Archive)の「キューバ記録プロジェクト」(the Cuba Documentation Project)責任者のピーター・コーンブルーが番組に参加します。

  • 米国では3月19日、アリゾナ州でドナルド・トランプに抗議する人々がトランプの集会場にいたる高速道路を封鎖し、ニューヨーク市では2000人あまりがトランプの人種差別的発言と各地集会での暴力に抗議する集会を開きました。アリゾナ州ツーソンでのトランプ集会でも同じ日に、抗議者をいきなり殴ったとしてトランプ支持者1人が逮捕されています。トランプの選挙運動統括者のコーリー・レバンドフスキーは抗議者のシャツの襟をつかんだところを録画されました。ニューヨーク市では、抗議者たちがコロンバスサークルにあるトランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワーから5番街にあるトランプ・タワーまでデモを行いました。ニューヨーク市警が厳重な警戒態勢を取る中、3人が逮捕され、多数が催涙スプレーをかけられました。デモクラシー・ナウ!の現場取材をご覧ください。

  • ニューヨーク市では3月15日、ビル・デ・ブラジオ市長の顧問を務める人物とハーレムの有力活動家が逮捕され、ニューヨーク市警内務局が捜査を開始しました。1人はファイブ・ムアリム=アク、マンハッタンのミッドタウンでホームレスの男性と警官の衝突を仲裁しようとしていた時に逮捕されました。ファイブは行動保健分野および刑事司法制度に関する特別調査委員会でブラジオ市長の顧問を務めています。ファイブは逮捕直前、ジョージ・ソロスが創設したオープン・ソサエティ財団のイベントに参加、5年間にわたる独房監禁の体験を綴った新著Hell is a Very Small Place(『地獄はとても狭い場所』)に収められたエッセイを朗読し、会場を出たばかりでした。2012年に釈放されて以来、ファイブは収監体験をもつ人々の支援者として精力的に活動しています。15日にファイブと共に逮捕されたのは、ハーレムの活動家ジョセフ・「ジャズ」・ヘイデンです。ホームレスの男性と警官との衝突を携帯で録画中でした。ヘイデンは、警察の暴行に反対する団体「オール・シングス・ハーレム」(All Things Harlem)の創設者です。朗読イベントに参加したほかの5人も、ファイブとジャズの逮捕について問い合わせるために警察署に出向いた際に逮捕されました。罪状は「散会拒否」でした。ファイブ・ムアリム=アク、ジャズ・ヘイデン、テレンス・スレイターに話を聞きます。3人はいずれも投獄体験者たちの共同体「インカースレイテッド・ネイション・コープ」(Incarcerated Nation Corp) という団体で活動しています。

Syndicate content