« 前  

2016年1月11日(月)

  次 »
  • 共和党最有力大統領候補ドナルド・トランプの集会が1月8日に行われ、トランプのイスラム嫌悪的な見解に無言で抗議していたムスリム女性とユダヤ人男性が会場から退場させられました。客室乗務員のローズ・ハミドと弁護士のマーティ・ローゼンブルースは「ムスリム」と書かれた黄色いバッジを着用、これはナチス政権下でユダヤ人が強制着用させられた黄色い星型のバッジを意図的に想起させるものでした。ローズ・ハミドはヒジャブ(スカーフ)を被り、「サラーム。私は平安です」と書かれたTシャツを着ていました。8日の集会の1カ月前、トランプ候補はカリフォルニア州サンバーナーディーノで起きた銃撃事件を受けてイスラム教徒の入国禁止を呼びかけていました。それ以後、米国での反ムスリム事件が増加しています。ハミドとローゼンブルースに話を聞きます。

  • ニューヨーク市は、ニューヨーク市警の対テロ活動に独立した民間人の監視人を任命する和解案を示し、NY市警に対する訴訟は原告の勝利となりました。イスラム教徒や宗教施設などにスパイ活動を行うNY市警の制度に2件の訴訟が起こされたことを受けて、ニューヨーク市が発表したものです。原告は、市警の活動は宗教に基づいて特定のコミュニティを選び出し、地域全体に汚名を着せることであり、米国およびニューヨーク州の憲法に違反すると訴えていました。この和解案により、9.11事件以降、廃止されていたニューヨーク市警への外部による監視が復活します。アメリカ自由人権協会の国家安全保障プロジェクト代表ヒナ・シャムスィに聞きます。

  • グアンタナモ米軍収容所は開設14周年を迎えます。収容所には今も107人が収容されています。アメリカ自由人権協会の国家安全保障プロジェクト代表ヒナ・シャムスィは、被収容者の1人モハメドゥ・ウルド・スラヒの弁護人を務めています。2015年に出版されたスラヒの日記は予想外のベストセラーになりました。「オバマ大統領がグアンタナモ収容所を閉鎖しないで去ることは、彼の功績を汚す最大の恥となるでしょう」とシャムスィは言います。「グアンタナモでは多くの人々が不正に拘束されたままです。私の依頼人の話はその現状を象徴しています」。

  • 1月11日、5人の気候正義活動家たちに対する裁判がワシントン州で始まります。5人は7メートルほどの三脚に身体を縛り付け、全長約1.5キロメートルの原油輸送列車の運行を阻止しました。5人は「ライジング・タイド・シアトル」のメンバーで、米国とカナダで相次いだ脱線事故の後、北西部を通りぬける化石燃料の輸送の中止を要求していました。裁判長はこれまでの前例を打ち破り、気候変動の脅威が原因で彼らの活動は必要だったとする答弁を被告に許可するとみられます。「ザ・デルタファイブ」と呼ばれる5人のうちの1人アビー・ブロックウェイ、「気候不服従センター」創立者のティム・デクリストファーに聞きます。デクリストファーは2008年、故郷ユタ州の広大な公有地における石油ガス掘削権の入札に入札者を装って参加、落札し、掘削を妨害したとして21カ月間、連邦施設に勾留されました。

Syndicate content