« 前  

2016年1月8日(金)

  次 »
  • ミシガン州フリント市では、いま起きている危機的な水質汚染をめぐり、リック・スナイダー州知事の逮捕を要求する住民が増加しつつあります。飲料水の鉛汚染について連邦検察局が捜査を開始したことを知ったスナイダー知事は、6日、フリント市に非常事態を宣言しました。この有害物質による水質汚染が始まったのは、スナイダー知事に指名された選挙によらない非常事態管理者が財政を節約するため、市の水源を長年汚染されていたフリント川に切り替えてからのことです。鉛中毒は、記憶障害や発達障障害などの生涯にわたる健康被害をたらします。フリント川を調査し続けているバージニア工科大学の研究員によると、市が1日100ドル程度の費用で水質処理を向上させていれば、この問題を回避できたはずでした。7日にフリント市長が発表したところでは、いまや市の水インフラを修復するには15億ドルもの費用がかかる恐れがあります。この問題に関して細かく取材しているアメリカ自由人権協会ミシガン支部の調査報道記者カート・グイエッテに話を聞きます。

  • フリント市の住民は 1年以上にわたり水質に関して苦情を申し立てていましたが、州政府は彼らの訴えを聞き入れませんでした。昨年2月の水質検査で憂慮すべきレベルの鉛が検出されましたが、住民には、何の危険もないと説明されました。同月に、ミゲル・デル・トラルというEPA(米国環境保護庁)職員が鉛汚染について警告するメールをミシガン州環境省に送りましたが、何の措置も施されませんでした。彼は4月にEPAにもメールを送りました。7月にはスナイダー州知事の首席補佐官デニス・マッチモアが、フリント住民は「私たちにだまされている」と認めるメールを保健衛生職員に送っていました。

  • ミシガン州フリントでは、州政府が危機的な水質汚染の進行を隠ぺいしてきたことに抗議の声が大きくなっています。映画監督のマイケル・ムーアは自身のウェブサイトでリック・スナイダー州知事の即時退陣を要求する嘆願書に署名するようファンに呼びかけています。州知事宛の公開状で、「あなたは私の住むミシガン州フリントの子供たちの、一部ではなく全員に毒を盛ったに等しい。この罪により、刑務所へ行かなければならない」と彼は書いています。フリント民主主義連盟のコーディネーターのナイラ・シャリフに話をききます。

  • グアテマラ警察は、数十年におよぶ米国支援の「汚い戦争」の中でグアテマラ先住民の集落を攻撃し人道に対する罪を働いた容疑で、元軍幹部18人を逮捕しました。この紛争時に約25万人が犠牲となったとされる大量虐殺や強制失踪を命令した疑いがかけられています。逮捕された元軍幹部の多くは米国の支持を受けていました。たとえば、マニュエル・ベネディクト・ルーカス・ガルシアは、米軍将校と密接に協力して、グアテマラ先住民マヤ人の集落がある高原地帯を攻撃するシステムを構築しました。そこでは住民を斬首したり磔にしたりするような手法が用いられました。調査報道記者で活動家のアラン・ネアンに話をききます。

  • 多くの移民家族にとっては、不吉な年の始まりとなりました。暴力のが蔓延する中央アメリカから家族ぐるみで逃れてきた人々を強制送還させる措置の一環として、連邦捜査官が強制捜査を行い、子どもを含む少なくとも121人を拘束しました。強制捜査は、ジョージア州、ノースカロライナ州、テキサス州を中心に行われました。連邦当局の一斉捜査の対象となった女性の1人から話をききました。「あれは強制捜査でした。私は拘束された最初の人間の一人です。1月2日、朝の6時45分に捜査官が私を捕えました。別の人の捜索で私の家にやってきたのです」と、ホンジュラスからの移民で現在、10歳になる息子と共にテキサス州ディリーの南テキサス・ファミリー・レジデンタル・センターに勾留されているアナは語ります。彼女たちは2014年6月ホンジュラスから逃れ、米国へやってきました。アナとケイティー・シェファードとバーバラ・ハインズの2人の移民弁護士に話を聞きます。

Syndicate content