« 前  

2016年9月26日(月)

  次 »
  • NBCは23日、キース・ラモント・スコットがシャーロット市メクレンバーグ郡の警官に射殺される様子を撮影した妻ラキーヤ・スコットの痛ましい携帯ビデオを公開しました。ジャーナリストでアフリカ系米国人研究で知られるモアハウス大学教授マーク・ラモント・ヒルは、「彼女がしようとしていたのは警察がなぜか出来なかったこと、つまり緊張を和らげることでした。(中略)彼の妻が取った行動は、非常に勇敢で冷静なものでした」と語ります。ヒルは、配偶者に対して国家の暴力が振るわれるのをリアルタイムで見なければならなかったアフリカ系米国人の妻は彼女が最初ではないと語ります。妻たちは警察官らに無視され、敬意を欠いた扱いを受けてきました。

  • シャーロット市メクレンバーグ郡警察は連日にわたる抗議活動に屈し、キース・ラモント・スコット射殺を撮影したビデオを2本公開しました。1本は、警察車両のダッシュボードに設置されたカメラによるもの、もう1本は、警察官の体に装着されたカメラによるものです。警察は、未公開ビデオがまだあると述べています。スコットの家族は、すべてのビデオを公開するよう警察に要求しています。ダッシュボードのカメラで撮影されたビデオには、スコットが車から出て、両腕をわきに下ろした状態で、数歩、後ずさる様子が映っています。警察はスコットに4発の銃弾を発射し、彼は地面に倒れました。警察官の体に装着されたカメラで撮影されたビデオには、スコットが撃たれた後に地面に横たわっている様子が映っています。ジャーナリストでアフリカ系米国人研究で知られるモアハウス大学教授マーク・ラモント・ヒルは、「アクティビズムは効果を発揮します。組織化は有効です。草の根の努力は実るのです。これらのことが今回の教訓です」と語ります。ビデオ公開は、NBCが23日、スコットが警察の手によって射殺されるのを目撃した妻のラキーヤ・スコットが携帯電話で撮った痛ましいビデオを公開した後に行われました。

  • ジャーナリストでアフリカ系米国人研究で知られるモアハウス大学教授マーク・ラモント・ヒルが、共和党大統領候補ドナルド・トランプの呼びかけにコメントします。トランプは、犯罪を減らすためには「ストップ&フリスク」と呼ばれる、警察が路上で行う異論の多い尋問手法を拡大すべきだと述べています。「この手法は尋問される人を増やすだけです。(中略)何も見つからないのに、いたずらに尋問される人を増やしているのです」とヒルは言います。ヒルは、さまざまな要因によって犯罪はすでに減少していると指摘し、「私たちは、国家の暴力の問題を逮捕によって解決することはできません」と結論づけます。

  • 今日26日夜に行われる第一回大統領候補討論会では、外交やテロなどさまざまな話題が議論され、約1億人の人々が視聴する見通しです。オバマ大統領が就任1年目にグアンタナモ閉鎖を宣言して8年が経った現在も、グアンタナモはまだ閉鎖されていません。一方、共和党大統領候補のドナルド・トランプは、グアンタナモの拡大を呼びかけています。本日は、ブッシュ大統領とオバマ大統領の双方から釈放許可を得たにもかかわらず12年以上グアンタナモに拘束された元収容者の独占インタビューをお送りします。ジハード・アブー・ワエル・ディアブは一度も刑事訴追されていません。グアンタナモ収監中、自由を求めて一連のハンガーストライキを行い、栄養補給を強制された収容者の一人ともなりました。釈放後ウルグアイに移送されたディアブは現在、トルコ、あるいはアラビア語圏の国で家族と再会することを求めてハンガーストライキをしています。ディアブは9月中旬、飲食の停止によって9時間にわたって昏睡状態に陥り、水分補給の点滴により意識を回復しました。ディアブが意識を取り戻した翌日、デモクラシー・ナウ!は、ホセ・マリア・シガンダとアレサンドロ・マラデイ、アンドレス・トマス・コンテリスの協力を得て、ディアブに独占インタビューすることができました。

  • 米国政府によってウルグアイに移送されたグアンタナモ元収容者6人の支援者であり、代理人となった弁護士に話を聞きます。ジハード・アブー・ワエル・ディアブはそのうちの1人です。ニューヨーク市立大学法学教授ラムジ・カッセムは、約50回にわたってグアンタナモを訪れました。ディアブの弁護人を務めるカッセムが、ディアブが何を要求しているのか、グアンタナモ全体がいかなる状況にあるのかを語ります。「彼らがウルグアイに移送されて2年近くが経ちます」とカッセムは語ります。「ディアブ氏とほかの元囚人はその間ずっと、問い続けてきました。我々はいつになったら家族に会えるのか。家族に会える日はいつか来るのかと」。

Syndicate content