« 前  

2015年12月16日(水)

  次 »
  • 12月15日、 上院の共和党幹部はプエルトリコに連邦破産法第11条を拡大適用しようとする民主党下院議員たちの提案を退けました。これにより、プエルトリコはあと2週間で米国史上最大の地方債デフォルト(債務不履行)に陥ることになりました。デモクラシー・ナウ!の共同司会者ファン・ゴンザレスが解説します。

  • ドナルド・トランプ候補がイスラム教徒の米国への入国禁止を提案し大統領候補指名戦を揺るがせて以来初めて開催された12月15日の共和党討論会で、上位9人の候補者たちが対戦しました。討論の中心議題は国家安全保障で、候補者たちは米軍の規模拡大、中東における戦争の拡大、米国国家安全保障局の権力の拡張を論じました。トランプは「イスラム国の旗を付けた携帯を持った何万人もの連中がやって来る?それはないだろう。奴らをこの国には入れない。いま私が大統領で、オバマがすでに何人かを入国させていたとしたら、出て行かせる。追い出しますよ」と述べました。The Muslims Are Coming!: Islamophobia, Extremism, and the Domestic War on Terror(『イスラム教徒がやってくる!テロに対するイスラム恐怖症、過激主義、そして国内の対テロ戦争』)の著者アラン・クンドナニに話を聞きます。

  • 12月15日の共和党討論会は、共和党を支援する億万長者シェルドン・アデルソンが所有するラスベガスのベネチアン・カジノで開催されました。アデルソンと同業者の億万長者ドナルド・トランプは討論会の前に私的な会合をもちました。共和党大統領候補指名争いの情勢について、元ニューヨーク・タイムズのコラムニストで、シンクタンク「デモス」(Demos)の上級研究員のボブ・ハーバートに聞きます。

  • 12月15日の共和党討論会で、ラジオ番組の司会者ヒュー・ヒューイットはベン・カーソン候補に残酷に戦争を仕掛ける度胸はあるか、と問いました。「数千人もの罪のない子供や市民が死んでもかまわないのですか」というヒューイットの質問に神経外科医のカールソンは、「その通り」と答えました。シンクタンク「デモス」(Demos)の上級研究員で、調査報道サイト「インターセプト」(The Intercept)所属のザイド・ジラニに話を聞きます。

  • 12月15日の共和党討論会で、テッド・クルーズとマルコ・ルビオ両上院議員はアメリカ国家安全保障局によるメタデータ一括収集について議論を白熱させました。ドナルド・トランプ候補は自称「イスラム国」に役立つインターネットの一部遮断を求めました。トランプは「言論の自由や何でも自由が主張されるが、イスラム国に我々のインターネットを使わせたくはありません」と述べました。

  • 共和党大統領候補者たちが中東での戦闘拡大を断言する中、スティーブン・ズネス教授は殆どの候補者たちが米国によるイラク侵交が自称「イスラム国」の誕生に果たした役割を見ようとしないことを問題視します。ズネス教授は討論会について「中東についても過激派の起源についてもまるでわかっていない男たちによる男性ホルモンの誇示」と評します。

Syndicate content