« 前  

2012年4月17日(火)

  次 »
  • ニューヨーク市警察(NYPD)が、隣接する三都市地域だけでなく、米国東部全域にわたって広範囲に米国人イスラム教徒たちを監視していたことを明らかにした、AP通信社(AP)のシリーズ記事の共同著者であるマット・アプッゾに話を聞きます。同シリーズは2012年ピュリツァー賞の調査報道部門賞を受賞しました。9.11攻撃以降、イスラム教徒の住む地域を監視する大規模な作戦をNYPDがどのように作り上げてきたかについて、APは2011年8月から詳しく書いてきました。数百のイスラム教寺院やビジネス、学生に対する調査と監視が行われ、多くの場合潜入捜査が行われました。警察は人々がどこで食べて買い物をするのか、どこで働き祈るのかといったイスラム教徒コミュニティの日常生活を観察し、記録しました。警察は「モスク・クローラーズ」として知られる情報提供者たちを使って、不正行為の証拠が何もないにも関わらず、宗教的な集会を監視していました。他に、イスラム教指導者、タクシー運転手、屋台の露天商も警察の監視の対象になっていました。APによると、こうした作戦の多くは、米国市民に対するスパイ行為を禁止されている米中央情報局(CIA)の支援を受けて構築されたものでした。この過程の中でNYPDは、もし連邦政府が行っていたら市民的自由に抵触するようなやりかたで民族コミュニティーを標的にし、「米国内で最も攻撃的な諜報機関のひとつ」になりました。こうした暴露は全米の論争に火を付け、APがNYPDの行動の詳細を明らかにし続けるにつれ、論争は高まるばかりです。「私たちは、人々が情報を基にした判断が下せるように、情報を提供しようとしているのです」と、アプッゾは言います。「最初はシリーズ化するつもりはありませんでしたが、さらに情報が入手できるのならシリーズは続くと思います。そして我々はストーリーが導く方向へ向かうだけです」。

  • ハーマン・ウォレスとアルバート・ウッドフォックスがルイジアナ州で独房に監禁された1972年4月17日から40年、あるいは1万4600日が経ちました。同州は彼らがアンゴラ刑務所の監視殺害で有罪だったと述べていますが、ウォレス、ウッドフォックスと彼らの支援者ネットワークは、彼らはブラックパンサーのメンバーとしての政治活動していたために犯人に仕立て上げられたと言います。ウッドフォックスとウォレスは1971年にブラックパンサー党のアンゴラ支部を設立しました。3人目の囚人ロバート・キングも1年後に彼らに加わりました。3人は、より良い作業環境と囚人間の人種的結束、レイプと性的奴隷を無くすことを求める活動を行いました。アムネスティUSAは4月17日、彼らの独房監禁の40周年を記念し、125カ国からの何万人もの署名を含む嘆願書をルイジアナ州のボビー・ジンダル知事に渡すつもりであると述べています。2001年に有罪判決が覆され、より軽い罪状を認めて釈放されたロバート・キングに話を聞きます。「我々はルイジアナ州に、そして世界に、我々が人権と公民権の完全な侵害であるこの事件に依然として向き合っていることを知ってほしい」と、キングは言います。「それは今も続いているのです」。

  • 4月17日は、2011年夏に77人を殺害した反イスラム教徒過激派のノルウェー人アンネシュ・ベーリング・ブレイビクの公判の2日目です。ブレイビクは2011年7月にオスロの政府庁舎で自動車爆弾を仕掛けて8人を殺害し、その後ノルウェーの与党労働党が主催するウトヤ島での夏期青年部集会での乱射で69人を殺害したことで裁判にかけられています。ブレイビクは初公判の日、殺人を行ったことは認めましたが、刑事犯罪を犯したことについては否認しました。彼は拳を握って前方に突き出す敬礼をし、自分はイスラム教徒から自分の国を守るために行動したのだと述べました。後に審問の際に検察官が、ブレイビクが乱射の直前にユーチューブに投稿した反イスラムの映像を見せると、ブレイビクは泣き出しました。ノルウェーで公判が続く中、ノルウェーの社会学者、また数学者で、平和と紛争学の分野を切り開いた主要人物として知られるヨハン・ガルトゥングに話を聞きます。ブレイビクの攻撃があった時、彼の孫娘はウトヤ島にいました。

Syndicate content