« 前  

2012年11月1日(木)

  次 »
  • 巨大ハリケーン「サンディ」がニューヨーク市とそのインフラにもたらした深刻な被害について、必ずしも皆が驚いているわけではありません。ニューヨーク市は10年以上前から地球温暖化の影響について注目していたと語る、「ニューヨーク市気候変動パネル」(The New York City Panel on Climate Change)共同議長シンシア・ローゼンツヴァイクに話を聞きます。ローゼンツヴァイクは、ニューヨーク州の橋や下水設備、公衆衛生や農業などの「重要な設備」に気候変動がどのように影響するかをまとめた2011年の報告書の主筆を務めました。ローゼンツヴァイクは、NASAのゴダード宇宙科学研究所の上級研究者として気候変動の影響研究グループの代表です。「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC/The Intergovernmental Panel on Climate Change)データ調査委員会でのローゼンツヴァイクの業績は、IPCCが2007年にアル・ゴアと共にノーベル平和賞を受賞したことでも認められました。

  • その多くがマイノリティーである、マンハッタンのロウワー・イースト・サイドの低所得層住民に話を聞きます。同エリアでは、近隣のコン・エディソン変電所が巨大ハリケーン「サンディ」の影響で浸水し、数千人が停電しています。ニューヨーク市や米国連邦緊急事態管理庁(FEMA)からの援助の気配もない中、住民は「サンディ」がもたらした影響をデモクラシー・ナウ! のプロデューサー、ルネ・フェルツに語ります。多くの人が消火栓からバケツに水を汲み、電気もつかない階段を上るのに苦労していると言います。またジェイコブ・リース公営住宅に住む、寝たきりの老いた親の面倒をみているという人もいます。いつ停電が解消されるのかと、みな口々に聞きます。

  • 巨大ハリケーン「サンディ」の話題をつづけます。今回の災害がニューヨーク市でも特に経済格差の大きいマンハッタンで、どう影響を及ぼしたかを検証します。ここでは最裕福層5分の1の人口と、最も困窮する5分の1とでは、40倍もの収入差があります。マンハッタンにはサハラ以南のアフリカの一部と同レベルの不平等が存在します。ニューヨークよりロイターのデビッド・ロード記者を迎えました。ロード記者の最新記事は、アトランティック誌に掲載された " The Hideous Inequality Exposed by Hurricane Sandy "(「ハリケーン『サンディ』で露わになったニューヨークの『醜い不平等』」)です。この記事には「車を所有する者は避難できた。経済的に余裕のある者はホテルに移動できた。安定した仕事についている者は、欠勤することもできた。だが料理人やドアマン、用務員、タクシー運転手、メイドとして生計を立てるニューヨークの住人は、家族を家に残し働きつづけるしかない」とあります。ロード記者は2度ピュリッツァー賞に輝き、以前はニューヨーク・タイムズ紙の記者でした。

  • ミズーリ州セントルイスから番組をお送りする11月1日の当番組では、今回最も注目されている上院議員選の一つを検証します。共和党のトッド・エイキン下院議員が、現職の民主党クレア・マカスキル上院議員に挑む同選挙は、共和党が上院で過半数を取り戻すのに貢献する可能性のある数少ない選挙戦のひとつとなっています。エイキン陣営は、8月の「本当のレイプ」で女性が妊娠することはほとんどない、という失言が大きく取り上げられて以来、多数の物議をかもしてきました。セントルイス・ポスト=ディスパッチ紙は最近、エイキンが80年代の中絶反対デモ参加中に少なくとも3度逮捕された過去を明らかにし、彼の中絶に対する見解に改めて人々の関心を引きました。セントルイス・ポスト=ディスパッチ紙政治記者ケビン・マクダーモットに話を聞きます。

Syndicate content