« 前  

2011年11月25日(金)

  次 »
  • ウォール街占拠運動は、どのように「怒りの段階」から「希望の段階」へと移行し、どうやって新しい経済モデルを想像するのか? 今日のデモクラシー・ナウ!はこの問いを検討する最近の出来事からの抜粋やその他多くをお届けする特別番組です。ネイション誌とニューヨーク市のニュースクール大学が主催した「すべての場所を占拠せよ:新しい政治と企業権力に立ち向かう運動の可能性」と題したパネル・ディスカッションを放送します。登場するのはオスカー受賞映画監督で作家のマイケル・ムーア、『ショック・ドクトリン──惨事便乗型資本主義の正体を暴く』のベストセラー作家ナオミ・クライン『カラーラインズ』の発行人でアプライド・リサーチ・センターのリンクー・セン、ウォール街占拠運動のオルガナイザーであるパトリック・ブルナー、ベテラン・ジャーナリストでCome Home, America: The Rise and Fall (and Redeeming Promise) of Our Country(『戻ってこい、アメリカ:われらの国の盛衰(と回復の約束)』)の著者ウィリアム・グライダーです。

Syndicate content