« 前  

2011年4月7日(木)

  次 »
  • 今週共和党は今後10年間にわたり政府の出費を5兆8000億ドル以上削減する2012年度予算案を明らかにしました。同案は、主要企業および高額所得者への課税を25%まで下げる一方で、低所得者と身障者を対象とする医療扶助制度メディケイドと高齢者向け医療保険制度メディケアに徹底的な変更を求めるものです。ノーベル賞を受賞した経済学者ジョセフ・スティグリッツに話を聞きましょう。スティグリッツはバニティフェア誌の最新号に寄せた記事「1%の1%による1%のために」で、米国でますます激しくなっている階級格差と不平等について論じています。スティグリッグはコロンビア大学教授で数多くの本を出しています。『フリーフォール: グローバル経済はどこまで落ちるのか』は彼の最近著です。「トップの人々がますます金持ちにあるだけではありません。この人たちが富を得てほかの人みなの富は減っている。現状の米国は昔のヨーロッパよりひどいものです」とスティグリッツは語りました。

    ★ 字幕動画はこちら

    ★ DVD 2010年度 第4巻 「巨大リスクと利益」に収録

  • 共和党の2012年度予算案における最大の予算削減は、栄養問題、学生ローン、そしてとりわけ医療費など、貧困者を支援するプログラムで行われることになっています。予算案に盛り込まれたもっとも大きな抜本的改革では低所得者向けメディケイドと高齢者向けメディケアの形骸化が行われることになります。高齢者向けメディケアは元来皆保険制度だったものを、民間保険会社による高齢市民向けの一保険制度にし、また低所得者向けのメディケイドのほうは、州への包括的な給付金制度に変換することによって、8千億ドルを削減するとされています。メディケアは現在、4800万人の高齢者と身障者の大半に医療費をまかなっており、世論調査によれば圧倒的な数の米国人は削減に反対しています。メディケア権利センターの所長ジョー・ベイカーとニューヨーク・コミュニティサービス協会のエリザベス・ベンジャミンに話を聞きます。

  • デモクラシー・ナウ!の共同司会者フアン・ゴンザレスは、ニューヨーク・デイリーニュース紙の連載コラムでマイケル・ブルームバーグの市長の就任以来最大の大スキャンダルを暴露し、4月7日ジョージ・ポーク賞を受賞しました。市の給与システムのコンピューター化は2000年の時点で6000万ドルかかるとされましたが、結局経費は7億ドルにふくれあがりました。「これは氷山の一角にすぎません。全米各地の役所で公務員を排して作業をコンピューターに任せようとしています。しかし、約束された機能を果たすこともなく、よりコストのかかるそれらのシステムには、多くの場合詐欺行為が絡んでいます。こうしたコンピューター化の過程で、納税者のカネは民間企業に流れていくのですが、そういった会社の多くには以前は防衛産業の請負業者だった連中が関係しています。これらの連中は、自分たちの市場戦略の一環として、省庁のコンピュータ化の仕事に鞍替えしてきた」とゴンザレスは語ります。

  • ウィルバート・リドーは2005年に釈放を勝ち取るまで、アンゴラ・ルイジアナ州立刑務所に44年間収監されていました。彼は服役中、囚人たちが発行する新聞「アンゴラの住人(Angolite)」の編集長を務め、ジャーナリストとして数々の賞を受賞しました。1979年には、刑事裁判と刑務所制度に関する公衆の理解を助けるために傑出した貢献をし、ジョージ・ポーク賞の特定分野報道部門で受賞しました。それから30年以上がたちましたが、リドーは4月7日、第62回ジョージ・ポーク・ジャーナリスト賞授賞式で表彰されることになっています。「1979年には、(刑務所の職員は)刑務所内での性的暴力は同性愛者つまりゲイがやることだとしていましたが、 性的暴力について、私は実情を語りました。それは同性愛者つまりゲイが行うものではなく、往々にして彼らはむしろ被害者です。 レイプや暴力を行うのは異性愛者であり、刑務所当局の暗黙の了解のもとに行われていました」とリドーは語りました。

Syndicate content