« 前  

2011年4月6日(水)

  次 »
  • アンソニー・シャディドは3月にリビアでカダフィ軍に捉えられた4人のNYタイムズの記者の1人です。彼らは1週間近く拘束されて殴られ脅迫されながらも最終的に解放されました。解放からわずか2週間後、シャディドがリビアでのその過酷な経験について長時間のインタビューに応じてくれました。その他、この紛争の見通し、中東と北アフリカで吹き荒れる反乱に関する彼の思いについても語ってくれます。シャディドはピュリッツァー賞を2度受賞したNYタイムズ・ベイルート支局長です。

  • リビアでは42年近くに及ぶカダフィ支配を終らせようと反対勢力が戦いを進める中、政府軍と反乱部隊は相譲らぬ膠着状態が続いています。ピュリッツァー受賞歴2度のNYタイムズ特派員アンソニー・シャディドに話をうかがいます。彼は政府と反乱勢力との衝突を取材していましたが、ほか3人の同僚とともにカダフィ軍に拘束されて暴力を受けました。解放されたのはいまから2週間前です。シャディドにリビア情勢と中東及び北アフリカの民衆反乱の台頭に関して話してもらいます。「事態がより危険かつ複雑になり暴力的になれば、なおさら介入の欲求は出てくるだろう。しかし私が思うに(多国籍軍による)その介入こそが、事態を一層悪化させることになるかもしれないのだ」とシャディドは言います。

  • オバマ政権は9.11攻撃の重要容疑者は米国の民間法廷ではなくグアンタナモ湾の米軍基地にある軍法委員会で裁かれると発表していますが、そのグアンタナモでの事件の一つはニューヨークの民間法廷で裁判が行われることになりました。ニューヨーク州第一審裁判所は今日、グアンタナモで被拘束者の尋問中に拷問に関与したとして起訴された心理学者ジョン・レソ博士の件を審理します。この件は、米国政府による尋問プログラムへの心理学者の参加に反対し、その勢力が増しつつある医療専門家キャンペーングループの中心人物、スティーブン・ライズナーの意向を受けて提訴されたものです。

Syndicate content