« 前  

2011年3月11日(金)

  次 »
  • 日本がマグニチュード8.9の巨大地震に襲われました。記録史上最大の地震の1つです。この地震で10メートル級の津波が日本の北部沿岸を襲いました。太平洋周辺地域の国々や島嶼国では、震源から津波が押し寄せてくることに伴う海水面の上昇を警戒しています。日本の警察や地方当局は少なくともすでに200人の死者が出たと発表していますが、死者数はこれから著しく増えると予想されています。

  • デモクラシー・ナウ!がウィスコンシン州マディソンからリポートします。ほぼすべての公務員から団交権を奪い取る法案にスコット・ウォーカー知事が署名しようとしています。3月10日、マディソンでは千人以上の学生・生徒たちが授業をボイコットしました。消防士たちもウォーカー知事に関係する銀行のボイコットを訴えています。米国労働総同盟産別会議(AFL-CIO)は共和党の州上院議員の更迭を呼びかけました。3月12日の抗議デモでは10万人以上がマディソンの街を埋めるだろうとみられています。

  • 米下院国土安全保障委員会議長のニューヨーク州選出共和党議員ピーター・キングが10日、彼の言うところのアメリカのムスリム・コミュニティの「過激化」に関する、問題の公聴会を開きました。この公聴会には現代のマッカーシズムだという批判が起きています。世界貿易センターへの9.11攻撃で亡くなったモハメド・サルマン・ハムダニの母親タラト・ハムダニに話を聞きます。ムスリムとして初めて米下院に当選したミネソタ州選出の民主党下院議員キース・エリソンはこの公聴会で涙に詰まりながらタラト・ハムダニの息子の話を披露しました。南部貧民救済法施行機関(Southern Poverty Law Center)の情報プロジェクト部長マーク・ポトックにも話を聞きます。

Syndicate content