« 前  

2011年1月14日(金)

  次 »
  • トゥーソン銃撃事件生存者のエリック・フラーと話をします。フラーは63歳の傷痍退役軍人でアリゾナ州選出の民主党下院議員ガブリエル・ギフォーズの再選選挙キャンペーンに運動員として参加していました。8日のトゥーソンのスーパーマーケット前の政治集会でも彼女と一緒でした。彼は膝に銃弾を受け、背中にも負傷しました。「サラ・ペイリンやグレン・ベック(ティーパーティー派のFOXニュースのキャスター)やシャロン・アングル(落選したネバダ州の上院議員候補)のような連中が最初の獲物をしとめたようなもんだ」とフラーは言います。「彼らの望み通り、とうとう合衆国憲法修正第2条(銃の所持権)の権利濫用を実践するやつが出てきた」

  • FOXニュースのホスト、グレン・ベックは1年以上にわたってフランシス・フォックス・ピヴェンへの攻撃をエスカレートさせています。78歳のピブンは、ニューヨーク市立大学(CUNY)大学院の政治学・社会学の特別教授です。ベックは彼女を、暴力行使を肯定し1966年に体制転覆計画を立てたとして繰り返し非難してきました。そのピブン教授をスタジオに招きました。

  • 銃撃現場で即座に対応してガブリエル・ギフォーズ下院議員の命を救ったと賞賛されている20歳の医学研修生ダニエル・ヘルナンデスと話をします。「多くの人がすでに気づいていると思いますが、ここ何年にもわたって政治の場で使われる言葉がすっかり非建設的で対立を煽るものになっており、国民の結束と国家の発展をめざすものになっていません」とヘルナンデスは言いす。

Syndicate content