« 前  

2011年1月3日(月)

  次 »
  • 共和党は、5日に始まる第112回米連邦下院議会で、4年ぶりの多数党となり議会を抑えることになります。つまり共和党議員たちは、下院委員会23、小委委員会100以上のすべてのかじを握ろうという構えでいます。共和党議員らはすでに多数の議題を俎上(そじょう)に上げることを約束していますが、そこには気候変動に関連する科学者の調査、イスラムコミュニティーの「急進化」の実態調査、またオバマ大統領による医療保険改革法の無効化などが含まれています。ハフィントン・ポストの議会担当シニア記者であるライアン・グリムに話を聞きます。

  • ブラジルで初めての女性大統領の就任式が行われ、歴史に新たな一ページが刻まれました。2日、ジルマ・ルセフ新大統領は、ブラジリアでの就任式で、退任するルラ・ダシルバ大統領から大統領に与えられるたすきを授与されました。1960年代、ルセフはゲリラ兵としてブラジルの軍事独裁に反対する武装闘争に参加。3年間投獄され、拷問を受けました。ニューヨーク大学のグレッグ・グランディン教授(ラテンアメリカ史)に話を聞きました。

  • 米原子力空母「エンタープライズ」の副長が同性愛者を差別したり、自慰行為のまねをしたり、わいせつな行為を映したりするビデオが新たに公開された問題について、米海軍は調査を開始したと発表しました。このビデオは副長が2006年と2007年に作成し、エンタープライズが中東に配属されていた際に乗組員らに見せられていました。ビデオには、当時空母の副長だったオーエン・オナーズ艦長が登場しています。

Syndicate content