ケイセラに正義を:先住民ティーンの不可解な死は 蔓延する先住民女性殺害問題の氷山の一角

8月末、モンタナ州ハーディンでアメリカ先住民女性のケイセラ・ストップス・プレティ=プレイセズの遺体が見つかりました。彼女の18歳の誕生日2週間後のことです。遺族は彼女のための正義を求めています。ケイセラはモンタナのクローとノーザン・シャイエン部族コミュニティの一員で祖母と一緒に暮らしていました。家族によれば、ケイセラが8月24日の夜、帰宅しなかったため、家族が行方不明の届けを出しました。8月29日、ハーディンの街で若い女性の遺体が発見されましたが、それがケイセラであると地元警察が認めたのは2週間後のことでした。ケイセラの死と失踪の状況は未だ明らかにされていません。これは殺人であると遺族は信じていますが、地元警察はこの突然の失踪と死に不審な点はないとしています。過去十年にビッグ・ホーン郡で行方不明となったり殺害された先住民の少女や女性は、ケイセラを含め少なくとも27人に上ります。モンタナ州では少な2010年から、少なくとも134人の先住民少女や女性が行方不明となったり殺害されてきました。ケイセラの叔母でウィスコンシン大学マディソン校のネルソン・インスティテュート環境学科准教授のグレース・ブルテイルと、遺族の弁護士であるメアリー・キャサリン・ネイグルに話を聞きます。ネイグルはチェロキー・ネイションの市民、先住民部族の統治権と司法権回復を目指すパイプステム法律事務所のパートナーです。

最近のニュース

2020/2/24(月)

  • バーニー・サンダースがネバダで「圧勝」 ラティーノ・コミュニティでの組織的な活動を経て
  • サンダースと社会主義:ノーベル経済学者ポール・クルーグマンと社会主義経済学者リチャード・ウルフが討論

2020/2/21(金)

  • マルコムⅩの娘イルヤサ・シャバズ`:父の遺したもの&新シリーズ『マルコムⅩ暗殺の真相』

2020/2/20(木)

  • ブルームバーグ元市長 大統領選討論会に初登壇 過去の女性蔑視と人種差別歴を問われる
  • 「大多数の人にとって最も重要な問題」:ヘルスケアへの意見の相違が2020年大統領選の核となる
  • ピート・ブティジェッジがLGBTQを代表しているかの議論が起こる中 保守的ラジオ・パーソナリティが彼を中傷
  • バーニー・サンダース:民主党の指名候補者は 党の権力者ではなく「人々の意思」で決めるべき

2020/2/19(水)

  • ネバダ調理士労働組合員:国民皆保険制度なら 組合の医療保険と交換します
  • ブルームバーグが民主党予備選で支持上昇、しかし有権者の投票率の鍵を握る組合への敵意の歴史あり
  • イェール大学の研究によると国民皆保険制度で米国は年間4500億ドルの費用削減 7万人の死者減少
  • ラティーネクス・グループ「ミヘンテ」が大統領選初の特定候補支持表明、バーニー・サンダースを推薦

2020/2/18(火)

  • 2015年アンブラ・グティエレスは性的暴行を認めたワインスタインを録音していた なぜ彼は起訴されなかったのか?
  • ジャーナリスト「ハーベイ・ワインスタインの弁護団は#MeToo(私も)運動に対する戦争をしかけている」
  • 『犠牲を払うだけの価値はあったのか?』 新作映画で明らかになる米国のイラク侵攻を後押ししたバイデンの主導的役割