モンサントはジャーナリストや活動家はおろか歌手ニール・ヤングまで監視していた 新証拠で判明

衝撃の文書が公開され、米国のアグリビジネス大手モンサントが、自社を批判したり告発する報道をする活動家やジャーナリストを監視し、信用を貶めるための「フージョン・センター」を運営していたことが判明しました。有名なシンガーソングライターのニール・ヤングでさえも、標的にされていました。ヤングは2015年に「モンサント時代」というアルバムを発表しています。モンサント社は彼のツイッターを監視し、アルバムの歌詞の分析までやっています。モンサントのフュージョン・センターはまた、ジャーナリストのキャリー・ギラムも監視していました。彼女はモンサントと同社の除草剤ラウンドアップについての詳細な調査と報道を行っています。大量に流通しているラウンドアップは発ガン性が指摘されています。モンサント社はまた、非営利の調査団体「米国の知る権利」(U.S. Right to Know)も標的にしていました。この団体は情報公開法に基づき同社に関する情報開示を請求しています。ミズーリ州カンサスシティとつないでジャーナリストのキャリー・ギラムと話します。彼女はWhitewash: The Story of a Weed Killer, Cancer, and the Corruption of Science(『粉飾 ~除草剤、がん、科学の腐敗の物語』)の著者です。また、カリフォルニア州バークレーからは「米国の知る権利」の共同設立者ゲイリー・ラスキンが出演します。

最近のニュース

2020/5/22(金)

  • アフムード・アーベリ殺害事件で第3の白人男性容疑者が逮捕される 司法省はヘイトクライムとしての起訴を検討中
  • 警察署長の引退表明を受けFBIがブレノア・テイラー射殺事件の捜査に乗り出す
  • 下痢、脱水症、飢餓、消耗:インドではコロナ封鎖で農村部の貧困層が最も被害を受ける
  • マイク・デイビス:パンデミック最中に50州の封鎖解除で労働者は収入と健康のあいだの「ソフィーの選択」に直面

2020/5/20(水)

  • ニューヨーク市地下鉄の夜間閉鎖で、ホームレスが人であふれた避難所に収容されるなか、擁護活動家たちは定住できる家の提供を要求
  • 「生き続けよう、家にいよう、組織しよう」:バーバー牧師が、6月20日にワシントンで行う貧者のデジタルデモ行進への参加をよびかけ
  • ニュージャージーの公立学校の取り壊しに移民が抗議 7億5千万ドルかけてロバート・ウッド・ジョンソンがんセンターを建設計画

2020/5/19(火)

  • 各州が経済再開に急進 COVID-19の検査不足は米国にとっての「アキレス腱」とハーバード大の医師
  • 「メディアの白人化」:パンデミックによる予算カットが報道機関を破壊するなか「真っ先になくなる」のは多様性

2020/5/18(月)

  • COVID-19は世界をどう変えるか? 歴史学者フランク・スノーデンが黒死病から現在までの伝染病について語る

2020/5/15(金)

  • 「アメリカ大陸の武漢」 米国はCOVID-19陽性の移民をハイチとグアテマラに強制送還
  • 民主主義の正念場 選挙人は誓約を破ってもよいのかが最高裁で問われる
  • 「民主主義はパンデミックを乗り切れるか?」 トランプ大統領が郵送投票を攻撃し投票権が危機に瀕する